本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

FXGTで口座凍結されるのはなぜ?復活はできる?

海外FX業者のFXGTで取引しようとしたら、「口座へログインできない」「MT5に無効な口座と表示された」など、正常にアクセスできない事例が発生しています。

結論からいうと、FXGTで口座凍結される原因は主に2パターンで、ライブ口座を放置して凍結されるケースと、規約違反で凍結されるケースに分けられます。

この記事では、FXGTのライブ口座が凍結される理由や、具体的な対象方法について、詳しくまとめました。

公式サイト:FXGT | 業界初のハイブリット取引所

目次

ライブ口座を30日以上放置すると「休眠口座」に

FXGTのライブ口座を残高のある状態で90日間放置すると、以降は毎月$10(約1,000円)の口座維持手数料が差し引かれていきます。(引き落としの時点で残高が$10に満たない場合は、残高すべてが差し引かれます。)

残高がない状態で30日間放置すると「休眠口座」となり、二度と口座へログインができなくなります。また、休眠口座に切り替わった段階で、それまで残っていたボーナスはすべて消滅してしまいます。

FXGTの口座へログインできなくなる理由として、最も多いのがこの休眠口座。休眠口座を復活させることはできず、取引を再開するためには、マイページから追加口座を作る必要があります。

追加口座の作り方については、別記事「FXGTの追加口座の作り方」をお読みください。

規約違反で口座凍結されるケース

たいていの場合は、先述した口座の放置が原因で凍結されますが、ごく稀に規約違反で口座凍結されるケースも存在します。

SNSやWebメディア等の情報をもとに、口座凍結へ至る代表的な事例をピックアップしました。

同一名義で複数口座を使っている

FXGTでは、同一名義で複数のライブ口座・デモ口座を作ることができますが、同一人物で複数のアカウントを持つことは禁じられています。具体的にいうと、メールアドレスを変えていくつもアカウントを作る行為を指します。

なぜかというと、ボーナスを何度も受け取る悪行を防ぐためで、実際にそのような悪行を働くユーザーが居たことから、FXGT側は複数アカウントの保有を厳しくチェックしています。

もし複数アカウントが発覚した場合、利益が没収されたり出金が拒否されたり、最悪の場合は口座が凍結される恐れもありますので、絶対にやめましょう。

同じIPアドレスで複数口座を使っている(夫婦・兄弟・友人など)

こちらも上記の複数口座の使用によく似ていますが、名義が異なっていても、同じIPアドレスで複数口座を使っていると、口座凍結される可能性があります。例えば、家のWi-Fiで夫婦や兄弟、友人などが取引した場合などが挙げられます。

しかし、同じIPアドレスでも実際の使用が別人格であれば、FXGTの規約違反にはあたりません。もし誤って口座凍結されたとしても、カスタマーサポートへ別人格であることを伝えれば、すぐに口座凍結を解いてもらえます。

複数口座間でのアービトラージ

FXGTでは同一名義で複数のライブ口座を持てますが、異なる口座間で両建て(アービトラージ)取引を行うと、口座凍結される可能性があります。

両建てとは、同じ銘柄同士もしくは連動性の著しく高い銘柄同士で、買いと売りを同時に保有することをいいます。具体例を挙げると、次のような両建て取引が禁じられています。

  • 口座AでBTCJPYを1lot買い/口座BでBTCJPYを1lot売り
  • 口座AでBTCJPYを3lot買い/口座BでBTCJPYを0.5lot売り(lotが異なっても両建てにあたる)
  • 口座AでBTCJPYを1lot買い/口座BでBTCUSDを1lot売り(相関性の高い通貨ペア同士の両建て)

FXGTで口座をまたいだ両建てが禁じられている理由は、ゼロカットの悪用を防ぐため。経済指標などの相場の急変同時に、レバレッジを効かせた両建てポジションを持てば、一方の口座ではゼロカットで損失を限定しつつ、もう一方の口座では大きなリターンを見込めます。

ただし、両建てが全て禁止されているわけではなく、あくまでも「ゼロカット狙いの両建て」が禁止されているだけです。EAがたまたま両建てポジションを建ててしまった場合など、偶然の両建てが原因で口座が凍結されることはありません。

また、同じ口座内での両建てポジションは問題ありません。複数のデモ口座間の両建ても問題ありません。

FXGTと他の業者間でのアービトラージ

FXGTと他の海外FX業者を使用した両建て(アービトラージ)も、規約違反となります。

これも上記の複数口座間の両建てと同じような理由で、ゼロカットの悪用を防ぐためです。

また、もし複数業者を使ったアービトラージを行った場合、FXGTだけでなく、もう一方の業者からも何らかのペナルティを食らう可能性があるため、故意に行ってはいけません。

ボーナスの悪用

FXGTでは様々なボーナスを提供しており、他社と比べても内容が豪華です。

だからこそ、そんなボーナスを不正な方法で手に入れて、あわよくば一儲けしようと考える悪質なユーザーも後をたちません。

当然FXGT側もボーナスの不正利用にはありとあらゆる対策を講じていて、もし発覚した場合は利益の没収や口座凍結などのペナルティが課せられます。

具体的にいうと、次のような行為がボーナスの悪用にあたります。

  • 同一名義で複数口座を作り、ボーナスを何度も受け取る
  • 架空の人物になりすまして複数口座を作り、ボーナスを何度も受け取る
  • 他業者でもボーナスを受け取り、アービトラージ(さや取りの両建て)を行う

FXGTで口座凍結されないための心得

同一IPで複数人が使う際は、KYCを早めに済ませる

同一のIPアドレスで複数人がFXGTを使う場合、例えば家族や兄弟で同じネットワーク上でFXGTを使う場合には、KYC(アカウント認証)をなるべく早めに済ませると良いでしょう。

身分証明書や現住所確認書類をしっかり提出すれば、別人格であることを示すことができるため、口座凍結される可能性はとても低くなります。

複数口座間の両建ては控える

FXGTの複数口座を使った両建てや、他の業者間との両建ては、原則として規約違反となっています。

異なるEA(自動売買)やコピートレードを動かした結果として、たまたま両建てポジションを取ってしまうことはあるでしょう。当然FXGT側も、そういった事例は考慮しているはずで、すべての両建てに対してペナルティを課しているわけではありません。

しかし、明らかに故意の両建てを繰り返すと、口座凍結される可能性が高いので、両建ては控えることが賢明です。

正当な方法で稼ごう

FXGTのボーナスを悪用したり、ゼロカット狙いの両建てを繰り返すなど、裏技的な方法を繰り返して利益を狙うような行為は、FXGTの運営側に迷惑をかけるだけでなく、他のトレーダーにも少なからず影響を及ぼします。

手段を選ばずに稼ぐことは、技術的には可能かもしれません。しかし、運営や他のトレーダーに迷惑をかけるような行為を繰り返すと、口座凍結などのペナルティが課せられるでしょう。

フェアなトレードという前提を忘れてはいけません。

まとめ:放置と規約違反に気をつければ、口座凍結は防げる!

この記事では、FXGTで口座凍結される原因と、具体的な対応策について解説してきました。

改めてまとめると、口座凍結として最も多い原因が「口座の放置」です。残高がない状態で30日間放置すると「休眠口座」となり、取引を再開するためには追加口座を作り直さなくてはならず、ボーナスも消滅してしまうため、なるべく定期的に取引して休眠を防ぎましょう。

また、規約に違反して口座凍結されるケースもあります。同一名義での複数口座の使用、複数口座間や他業者間での両建て・アービトラージ、ボーナスの悪用などが代表的な例です。

つまり、口座を定期的に動かしつつ、規約違反をしなければ、口座凍結される可能性はほぼ無くなります。

また、万が一心当たりがなく口座凍結されたときは、FXGTの日本人カスタマーサポートへ問い合わせましょう。スタッフが真摯に問題解決へ取り組んでくれるでしょう。

FXGTの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる