本当に使いやすいおすすめ海外FX業者10社

GEMFOREXロースプレッド口座はどう?メリット・デメリットを解説

GEMFOREXには「オールインワン口座」「ロースプレッド口座」「ガチゼロ口座」「レバレッジ5000倍口座」の4種類の口座タイプが用意されていて、口座タイプごとに仕様や適した用途が異なります。

この記事では、GEMFOREXの口座のなかで最もスプレッドが狭い「ロースプレッド口座」について解説します。

結論からまとめると、ロースプレッド口座はスプレッドが非常に狭く、なおかつ取引手数料も一切発生しないため、コストを抑えてスキャルピングやデイトレードをしたい人に最適です。

公式サイト:初めての海外FX。初心者にも安心のGEMFOREX

「ロースプレッド口座」はもともと「ノースプレッド口座」という名称で提供されていました。サービス内容や取引条件はノースプレッド口座と全く同じです。

目次

ロースプレッド口座の特徴

GEMFOREXのロースプレッド口座は、スプレッドが狭く、なおかつ手数料が発生しない口座で、取引にかかる手数料を最小に抑えることができます。

ただ、コストが削られている反面、デメリットも多いです。

ボーナスやキャンペーンを一切受けられない、最低入金額が高く設定されている、EAやコピートレードが使えないなど、成約が多いので、自身の利用用途に適しているかを考えてから使うと良いでしょう。

ロースプレッド口座のスペックを簡単にまとめると、次のとおり。

最大レバレッジ1,000倍
ロスカットレベル証拠金維持率20%
平均スプレッドEURUSD:0.3pips
USDJPY:0.3pips
EURJPY:0.5pips
GBPJPY:1.0pips
取り扱い商品FX通貨ペア:41種類
貴金属:3種類
ボーナス無し
取引ツールMT4, MT5
基本通貨JPY, USD
最低入金額$3,000 (30万円)

ロースプレッド口座と他の口座を比較

GEMFOREXには、ロースプレッド口座の他にも「オールインワン口座」「ガチゼロ口座」「レバレッジ5000倍口座」が提供されています。

GEMFOREXが取り扱う口座タイプを表形式で比べてみました。

スクロールできます
オールインワン口座ロースプレッド口座ガチゼロ口座レバレッジ5000倍口座
取引方式OTC方式OTC方式OTC方式OTC方式
口座の基本通貨JPY, USDJPY, USDJPY, USDJPY
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍5,000倍
1lotの価値100,000通貨100,000通貨100,000通貨100,000通貨
最小ロット0.01 (1,000通貨)0.01 (1,000通貨)0.01 (1,000通貨)0.01 (1,000通貨)
最大ロット50.00 (500万通貨)50.00 (500万通貨)50.00 (500万通貨)50.00 (500万通貨)
スプレッド標準的極めて狭い0pips固定やや広い
取引手数料
取引ツールMetaTrader 4
MetaTrader 5
MetaTrader 4
MetaTrader 5
MetaTrader 5MetaTrader 4
FX通貨ペア55種類55種類13種類55種類
仮想通貨29種類
※MT5口座のみ
貴金属3種類3種類1種類3種類
株式指数10種類
原油2種類
最低入金額$50 (5,000円)$3,000 (30万円)$50 (5,000円)$50 (5,000円)
入金上限10万円まで
ボーナスあり
利用制限EA・ミラートレード禁止EA・ミラートレード禁止EA・ミラートレード禁止
累計利益100万まで
最適な用途デイトレードデイトレード
スキャルピング
スキャルピングハイレバトレード

ロースプレッド口座3つのメリット

スプレッドが非常に狭い

ロースプレッド口座は、その名前のとおりスプレッドが極めて狭く抑えられていて、EURUSD(ユーロ/米ドル)やUSDJPY(米ドル/日本円)などのメジャーな通貨ペアなら、平均0.3pipsという驚異の低スプレッドを誇ります。

スプレッドとは?

FXにおける「スプレッド」とは、注文・決済するときに用いられるレート差を指します。

ほぼ全てのFX業者では、売値100.000 / 買値100.010のように、売値(BID)と買値(ASK)にわずかな差=スプレッドがあり、スプレッドによりFX業者は利益を得ています。

国内のFX業者に匹敵するほどスプレッドが狭く、海外FX業者のなかでもトップクラスの狭さです。

スクロールできます
通貨ペアオールインワンロースプレッドレバレッジ5000倍
EURUSD1.6pips0.3pips1.6pips
USDJPY1.6pips0.3pips1.6pips
GBPUSD2.4pips1.3pips2.4pips
AUDUSD2.5pips0.3pips2.5pips
USDCAD2.2pips0.8pips2.2pips
USDCHF3.3pips0.3pips3.3pips
EURJPY1.5pips0.5pips1.5pips
GBPJPY2.1pips1.0pips2.1pips
AUDJPY2.3pips0.6pips2.3pips
XAUUSD3.3pips2.1pips3.3pips

取引手数料がかからない

ロースプレッド口座は、スプレッドが狭いにも関わらず取引手数料が一切発生しません。

他の海外FX業者の場合、スプレッドが狭い口座だと、スプレッドとは別に取引手数料が取られるケースが多いです。

XMTradingのZero口座を例に上げると、スプレッドそのものはGEMFOREXのロースプレッド口座といい勝負ですが、スプレッドとは別に1lotあたり$10の手数料が取られてしまうので、実質的にそこまでコストは安くありません。

しかし、GEMFOREXのロースプレッド口座は手数料が発生しないため、表示されているスプレッドがそのまま取引コストとなります。

最大1000倍のハイレバレッジ

ロースプレッド口座のレバレッジは最大1,000倍で、手持ち資金の最大1,000倍のポジションを取引することができます。

たった1,000円ほどの証拠金でドル円約7,600通貨を持ててしまいます。※$1=130円と仮定した場合。

FXGTやHotForexと同じで、海外FXのなかでも高めの水準です。

日本国内のFX業者は、金融庁の規制によりレバレッジが最大25倍に制限されているため、仮にドル円の1万通貨ポジションを持つなら4〜5万円の証拠金が必要になります。

しかし、海外に目を向けてみると、むしろ最大レバレッジが25倍の業者を探すほうが難しく、最低でも100倍、なかには1,000倍・2,000倍といった超ハイレバレッジを提供している業者もあり、GEMFOREXのロースプレッド口座もその一つです。

ロースプレッド口座5つのデメリット

ボーナス・キャンペーンの対象外

GEMFOREXでは、新規口座開設するだけで1万円〜2万円が貰える「口座開設ボーナス」や、入金時に額に応じてボーナスが追加される「入金ボーナス」など、数多くボーナスやキャンペーンが実施されています。

しかし、ボーナス・キャンペーンはすべて「オールインワン口座」に限定されていて、ロースプレッド口座はそれらを受け取ることができません。

ボーナスを使ってお得にトレードしたい人は、オールインワン口座を使いましょう。

最低入金額が30万円〜と高い

ロースプレッド口座は、最低入金額が30万円、もしくは$3,000に設定されているため、数千円・数万円からトレードを始めたい人は残念ながら使うことができません。

この敷居の高さ故に、ロースプレッド口座を使うのをためらっている人も少なくないでしょう。

少額入金でトレードしたい人は、オールインワン口座かレバレッジ5000倍口座を使いましょう。どちらの口座も、最小1,000円から入金できます。

EA・コピートレードが使えない

GEMFOREXは、外部の開発者が開発したEA(自動売買プログラム)を配信する「GemTrade」(ゲムトレード)というサービスも運営しており、口座開設者に対して400種類のEAを無料で提供しています。

また、他人のトレードをそのまま自分の口座へコピーできる「コピートレード」も提供しています。

しかし、EAやコピートレードを使えるのはオールインワン口座のみで、ロースプレッド口座ではEAやミラートレードが禁止事項となっています。

CFD銘柄が少ない

GEMFOREXのFX通貨ペアは55種類で豊富に取り揃えていますが、CFD商品は貴金属3種類しかありません。

株式指数や原油はオールインワン口座限定です。

FXと貴金属に絞ってトレードする人にとっては申し分ありませんが、CFD商品を幅広くトレードしたい人は物足りなさを感じるでしょう。

1口座50lot(500万通貨)までしか持てない

GEMFOREXでは1つの取引口座で保有可能なロット数に制限があり、ロースプレッド口座の場合、MT5口座で最大50lot(500万通貨)、MT4口座で最大30lot(300万通貨)となっています。

規定のロット数を超えてしまうと、上限オーバーで取引ができなくなってしまうため、注意が必要です。

他の海外FX業者にもロット制限はありますが、GEMFOREXはひときわ制限が厳しいので、大口取引にはあまり向いていません。

FX業者最大保有可能ロット数
GEMFOREX50lot (500万通貨)
FXGT200lot (2,000万通貨)
XMTrading10,000lot (10億通貨)
Titan FX20,000lot (20億通貨)
Exness200,000lot (200億通貨)

ロースプレッド口座を選ぶべき人

この記事ではGEMFOREXロースプレッド口座の特徴やメリット・デメリットを詳しくチェックしてきました。

最後に、ロースプレッド口座を使うべき人の特徴をまとめると次のとおり。

ロースプレッド口座を使うべき人
  • スプレッドを最小限に抑えて、快適にスキャルピング(短期売買)をしたい人
  • 最大1,000倍のハイレバレッジで、効率よく資金を増やしたい人

逆に、ロースプレッド口座を使わないほうが良い人の特徴をまとめると次のとおり。

ロースプレッド口座を使わないほうが良い人
  • 口座開設ボーナス、入金ボーナスなどが欲しい人
  • 少ない資金を元手にトレードを始めたい人
  • EA・コピートレードを使いたい人
  • 仮想通貨CFDや個別株CFDなどを取引したい人 (GEMFOREXでは取り扱いなし)
  • 大口取引をしたい人 (GEMFOREXでは最大50lotまでしか保有できない)

ロースプレッド口座の口座開設方法

GEMFOREXのロースプレッド口座の作り方を3つのステップで紹介します。

STEP
GEMFOREXの新規口座開設ページを開く
STEP
「口座タイプ」から「ロースプレッド口座」を選ぶ

新規口座開設ページに「口座タイプ」という項目があるので、「ロースプレッド口座」を選びます。

なお、オールインワン口座にも「日本円口座」と「USD口座」の2種類があります。

日本円口座を選ぶと、日本円を入金した際にそのままの金額が反映されるので、日本人にとってはわかりやすいでしょう。

USD口座を選ぶと、入金額が米ドルへ両替されて反映されるため、為替レートの影響で為替差益や為替差損が発生することがあります。

STEP
個人情報を入力・必要書類をアップロード

口座開設の手続きを行ったら、個人情報を登録して必要書類をアップロードしましょう。

詳しい手順については、別記事「GEMFOREXの口座開設と本人確認をスクショ画像付きで紹介」にてまとめているので、参考にしてください。

GEMFOREXの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

海外FX最安級のスプレッド・手数料無料!スキャルピングに最適 今すぐロースプレッド口座を開設
目次
閉じる