本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

GBPUSD(ポンドドル)取引におすすめな海外FX:スプレッド/スワップ/レバレッジ比較

海外FXでGBPUSD(ポンドドル)を取引するなら、どの業者を選ぶべきか。実際のスプレッド、スワップポイント、レバレッジ等の様々な切り口から比較しました。

この記事に掲載しているデータは、当サイトの管理人が独自に調査したもので、最終更新日は2021年3月17日です。信ぴょう性については保証致しかねますため、最新データについては各自でお調べください。

目次

海外FX20社のスプレッド/スワップ/レバレッジ比較

STP口座(手数料なし)のスプレッド/レバレッジ比較

業者名口座タイプスプレッドレバレッジ
Exnessプロ平均0.9pips最大2,000倍
MiltonMarketsELITE平均0.9pips最大200倍
MiltonMarketsELITE+平均1.0pips最大200倍
iFOREX平均1.1pips最大400倍
LAND-FXLive平均1.3pips最大500倍
GEMFOREXノースプレッド平均1.3pips最大1,000倍
MiltonMarketsSMART平均1.3pips最大1,000倍
Exnessスタンダード平均1.5pips最大2,000倍
Titan FXスタンダード平均1.6pips最大500倍
AXIORYスタンダード平均1.6pips最大400倍
AnzoCapitalスタンダード平均1.6pips最大500倍
FBSスタンダード平均1.7pips最大3,000倍
FBSセント平均1.7pips最大1,000倍
HotForexプレミアム平均1.8pips最大500倍
HotForexマイクロ平均1.8pips最大1,000倍
FxProSTP平均1.9pips最大500倍
TradersTrustクラシック平均2.1pips最大500倍
FXGTスタンダード平均2.2pips最大1,000倍
GEMFOREXオールインワン平均2.2pips最大1,000倍
XMTRADINGスタンダード平均2.4pips最大888倍
IS6FXスタンダード平均2.4pips最大1,000倍
BigBossスタンダード平均2.5pips最大555倍
IS6FXマイクロ平均3.1pips最大1,000倍

ECN口座(手数料あり)のスプレッド/レバレッジ比較

業者名口座名スプレッド
※手数料込み
手数料レバレッジ
TradeviewILC実質0.6pips$5 /1lot最大400倍
TradersTrustVIP実質0.6pips$3 /1lot最大500倍
AnzoCapitalRAW実質0.7pips$6 /1lot最大500倍
HotForexZero実質0.7pips$6 /1lot最大500倍
Exnessロースプレッド
ゼロ
実質0.7pips$7 /1lot最大2,000倍
AXIORYナノスプレッド実質0.9pips$6 /1lot最大400倍
Titan FXブレード実質0.9pips$7 /1lot最大500倍
TradersTrustプロ実質0.9pips$6 /1lot最大500倍
FBSECN実質1.1pips$6 /1lot最大500倍
LAND-FXECN実質1.1pips$7 /1lot最大200倍
XMTRADINGZero実質1.1pips$10 /1lot最大888倍
BigBossプロスプレッド実質1.5pips$9 /1lot最大555倍
FxProECN実質1.6pips$9 /1lot最大500倍
FBSゼロスプレッド実質3.0pips$30 /1lot最大3,000倍

スワップポイントランキング

業者名買いスワップ売りスワップ
FXGT-7.1200 (-777円)+0.0600 (+7円)
Exness-2.1946 (-240円)-0.7195 (-79円)
LAND-FX-0.8900 (-97円)-0.8400 (-92円)
FBS-2.1100 (-230円)-0.9200 (-100円)
MiltonMarkets-3.0900 (-337円)-0.9500 (-104円)
GEMFOREX-1.9000 (-207円)-4.5000 (-491円)
AnzoCapital-3.0070 (-328円)-2.4570 (-268円)
IS6FX-3.7300 (-407円)-2.6500 (-289円)
Titan FX-3.2800 (-358円)-5.0000 (-546円)
HotForex-3.9000 (-426円)-3.3000 (-360円)
FxPro-3.3249 (-262円)-3.3632 (-367円)
XMTRADING-4.1000 (-447円)-3.4000 (-371円)
BigBoss-4.0100 (-438円)-3.4000 (-371円)
TradersTrust-4.3000 (-469円)-3.5000 (-382円)
Tradeview-4.4900 (-490円)-3.7900 (-414円)
AXIORY-4.7100 (-514円)-4.0000 (-437円)
iFOREX-0.005% (-759円)-0.00444% (-674円)

GBPUSD取引におすすめな海外FX口座

Tradeview Forex

Tradeview Forexは、プロトレーダーや機関投資家向けの業者です。

いくつかの口座タイプが用意されていますが、おすすめはECN方式を採用している「ILC口座」や「cTrader口座」。GBPUSDのスプレッドは平均0.1pipsで、それに加え1lotあたり$5の取引手数料が発生しますが、手数料を加味しても実質0.6pipsほど。

cTrader口座では板取引が可能で、約定もこの上なくスピーディー。ストレスフリーなデイトレ・スキャルピング環境を求める人には強くおすすめできます。

ECN口座としては実質コスト最安!(実質0.6pips)

最低入金額が$1,000〜と高め。
強制ロスカット水準が100%と高め。

GEMFOREX

GEMFOREXは、日本人にとても人気のある海外FX業者です。

GEMFOREXでは「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2種類の口座タイプを提供していて、スプレッドはノースプレッド口座は平均1.3pips、オールインワン口座は平均2.2pipsとなっています。

ただし、ノースプレッド口座は最低入金額$3,000(30万円)〜とかなり高めに設定されているため、少ない資金でトレードしたい方は「オールインワン口座」を選びましょう。ノースプレッド口座よりかはスプレッドが開いてしまうものの、平均1.4pipsと十分許容範囲内です。

また、スワップポイントが買い・売りともにプラスになっているため、長期トレードにも向いています。

最大レバレッジ1,000倍!
マイナススワップだが比較的安い!

最低入金額が$3,000 (30万円)〜と高め。
EA・ミラートレード禁止。

Exness

Exnessは、最大2,000倍というハイレバレッジを提供している業者です。さらには、一定の条件を満たせば無制限レバレッジ(最大21億倍レバレッジ)を開放でき、最小の証拠金で桁違いのハイレバポジションを持てます。

ロスカットレベルが0%なのもExnessの大きな特徴。強制ロスカットそのものが存在せず、口座の証拠金が0円になるまで含み損ポジションを握り続けられるため、ギャンブル性の高いハイレバトレードにうってつけです。

Exnessには「スタンダード口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の計4種類の口座タイプが用意されています。スタンダード口座はたった$1(約100円)から入金できるため、少額からでもハイレバトレードに挑めます。

対し、ロースプ、ゼロ、プロ口座はいずれも取引コストがとても安く、GBPUSDは実質0.9pipsで取引できます。ただし、最低入金額が$1,000〜とやや高めなので注意しましょう。

1lot(10万通貨)あたりのスワップポイントは、買いが-2.1946 (-240円)、売りが-0.7195 (-79円)となっていて、他の業者に比べ安くなっています。

最大レバレッジ2,000倍!
条件を満たせば無制限レバレッジ(最大21億倍)も使える!
強制ロスカット水準が0%で、ロスカぎりぎりの取引可能!
ロースプレッド、ゼロ、プロ口座は取引コストが安い!(実質0.9pips)

ロースプレッド、ゼロ、プロ口座は最低入金額$1,000〜と高め。

FXGT

FXGTは、FXと仮想通貨を取引できるハイブリッド取引所で、ほぼ全ての銘柄を最大500倍のハイレバレッジで取引できます。

GBPUSDの平均スプレッドは平均2.2pipsと並の水準。デイトレード程度であればネックになりませんが、スキャルピングには適していません。

多くの海外FXではGBPUSDは買い・売りともにマイナススワップとなっていますが、唯一FXGTは売りのスワップポイントがぎりぎりプラス(1lotあたり+7円)です。逆に、買いスワップは-7.1200 (1lotあたり-777円)とマイナスが目立っているのでご注意ください。

売りスワップがプラス!

買いスワップのマイナスが目立つ。
スプレッドはそれほど狭くない。

Milton Markets

Milton Marketsは、「SMART口座」「ELITE口座」「ELITE+口座」の3種類の口座タイプを用意していて、そのうちELITEとELITE+口座はスプレッドがかなり狭くなっています。GBPUSDの平均スプレッドは、ELITE+口座では0.9pips、ELITE口座では1.0pipsと狭く、スキャルピングやデイトレードに適しています。

ただし、ELITE口座は最低100万円、ELITE+口座は最低1,000万円の入金が必要なので、かなり敷居の高い業者といえます。

また、ELITEとELITE+口座の最大レバレッジは200倍に抑えられていることから、ギャンブル性を求める人にはあまり向いていません。

ELITE、ELITE+口座のスプレッドが狭い!(0.9pips〜)

ELITE口座は最低100万円、ELITE+口座は最低1,000万円の入金が必要。
ELITE、ELITE+口座のレバレッジは最大200倍と低め。

GBPUSDの最新チャート分析

準備中…

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる