本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

ThreeTraderの入金・出金方法をスクショ画像付きで解説

海外FXのThreeTraderの入金方法と出金方法を解説します。

手続きの流れや出金の際にかかる手数料、反映されるまでの時間、事前に知っておきたい注意点などなど、ThreeTraderの入出金にまつわる情報を全てまとめました。

これからThreeTraderで口座開設する方も、すでにThreeTraderをお使いの方も、参考にしていただければ幸いです。

公式サイト:ホーム | ThreeTrader Japan

目次

ThreeTraderが用意する入出金方法

ThreeTraderではたくさんの入出金方法を用意しています。

銀行送金日本国内銀行送金
Eウォレットbitwallet
カードVISA, Mastercard, JCB, AMEX
※現在カード入金停止中
仮想通貨USDT(テザー)
その他内部振替 (複数口座間での資金移動)

入出金にかかる時間・手数料

基本的に、ThreeTraderへの入金はリアルタイムで、入金手続きを完了してから数分のうちに取引口座へ反映されます。また、決済サービス側で発生する手数料は顧客の負担となりますが、ThreeTrader側で手数料は一切取られません。

ただし、国内銀行送金で入出金した場合は、手続き(振込)から実際に着金するまで、1営業日ほど時間がかかります。

ThreeTraderからの出金も手数料無料です。ThreeTrader側での出金手続きは基本的に1営業日以内に行われますが、実際に着金するまでさらに時間がかかることがあります。

スクロールできます
入出金方法手数料入金時間出金時間
国内銀行送金無料20分〜1営業日即日〜3営業日
クレジットカード
デビットカード
無料即時
bitwallet無料即時1営業日以内
テザー(USDT)無料即時1営業日以内

ThreeTraderへ入金する方法

ThreeTraderへの入金方法をまとめると次のとおり。入金方法によって、最低入金額や反映までかかる時間が異なります。

入金方法最低入金額手数料反映時間
国内銀行送金10,000円無料即日〜3営業日
クレジットカード
デビットカード
10,000円無料数日〜2ヶ月
bitwallet10,000円無料1営業日以内
テザー(USDT)10,000円無料1営業日以内

国内銀行送金での入金方法

最も手軽な入金方法は、国内銀行送金による入金です。

ThreeTraderは、海外のFX業者でありながら日本国内からの銀行送金に対応していて、通常の銀行振込と同様の流れでThreeTraderへ入金できます。

ThreeTrader側での手数料は無料。振込の際の振込手数料は顧客負担となりますが、月数回まで手数料が無料になるネットバンク等を使えば、完全無料で入金が可能となります。

「国内銀行送金」といっても4種類に分けられているため、どれを選ぶべきか戸惑ってしまうでしょう。違いを下にまとめました。

スクロールできます
入金方法最大入金額オンライン振込ATM振込
オンラインバンキング専用110万円
国内指定銀行50万円
PayPay銀行無制限
楽天銀行1,000万円

最も大きな違いは最大入金額で、多額を入金する際はPayPay銀行宛てか楽天銀行宛てを使うと良いでしょう。

国内銀行送金で入金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、入金したい口座の【入金】ボタンをクリックして、【国内銀行送金】を選びます。今回の事例では「オンラインバンキング専用」を使います。

「入金金額」の欄に入金する金額を日本円建てで記入して、【提出する】ボタンをクリック。

振り込み先の銀行口座が案内されるので、指定の口座へ振り込みましょう。

国内銀行送金で入金する際に、必ず覚えておかなくてはならなのが「振込名義人」の記入方法について。

銀行から振り込みをする際には、必ず振込名義人の記入欄があります。その名義人の欄には、上記の画面に表示されている「照会番号」を記入しなくてはなりません。

もし振込名義人に照会番号を書かずに入金してしまうと、ThreeTraderの担当者は誰からの入金かを知ることができず、確認作業により口座への着金が大幅に遅れてしまいます。スムーズな入金を行うために、照会番号の入力を忘れないようにしましょう。

カードでの入金方法

現在ThreeTraderではカードによる入金を取りやめています。

即座に入金したい方は、クレジットカード・デビットカードを用いた入金もおすすめです。

ThreeTraderでは、VISA・Mastercard・JCB・AMEXのカード決済に対応しています。

国内銀行送金で入金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、入金したい口座の【入金】ボタンをクリックして、【クレジットカード入金】を選びます。

「入金金額」の欄に入金する金額を日本円建てで記入して、【提出する】ボタンをクリック。

外部サービスのページへ飛ばされるので【SUBMIT】ボタンをクリック。

カード情報を入力して【Pay】ボタンをクリックすると即座に決済され、しばらくするとThreeTraderの取引口座へ入金されます。

bitwalletでの入金方法

bitwallet(ビットウォレット)とは、多くの海外FX業者に採用されているEウォレットで、ThreeTraderでも取り扱っています。

ThreeTrader↔bitwallet↔銀行口座といった具合で、bitwalletに一本化することで資金管理が容易になり、スピーディーな入手金が可能になります。

bitwalletのアカウント登録:https://bitwallet.com/ja/

bitwalletで入金するためには、予めbitwalletの口座へ入金を行う必要があります。

bitwalletへの入金方法は、銀行振込かカード決済の2択。銀行振込の場合はbitwallet側での手数料がはかかりませんが、カード決済の場合は8%〜8.5%の手数料が引かれてしまうため、できる限り銀行振込を使いましょう。

bitwalletで入金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、入金したい口座の【入金】ボタンをクリックして、【Bitwallet】を選びます。

「入金金額」の欄に入金する金額を記入して、【提出する】ボタンをクリック。支払い通貨はJPY(日本円)とUSD(米ドル)の2種類から選べます。

bitwalletのログイン画面が現れるので、bitwalletに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

改めて決済内容が表示されるので、確認のうえ問題なければ【決済する】ボタンをクリック。

即座にbitwalletの残高から引き落とされ、数分のうちにThreeTraderの取引口座へ反映されます。

テザー(USDT)での入金方法

ThreeTraderでは米ドルにペッグされた仮想通貨「テザー」(USDT)でも入金できます。

テザー(USDT)で入金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、入金したい口座の【入金】ボタンをクリックして、【USDT】を選びます。

確認画面が表示されるので【CONTINUE TRANSACTION】ボタンをクリック。

送金先のアドレスが表示されたら、6時間以内にUSDTを送金しましょう。

ThreeTraderから出金する方法

ThreeTraderへの出金方法をまとめると次のとおり。いずれもThreeTrader側での手数料は無料ですが、出金方法によって着金までかかる時間が異なります。

出金方法手数料反映時間
国内銀行送金無料即日〜3営業日
bitwallet無料1営業日以内
テザー(USDT)無料1営業日以内

国内銀行送金での出金方法

入金同様に、出金においても日本円の国内送金が可能で、海外送金の手数料を支払うことなく日本の銀行口座へ引き出せます。

海外送金ではないため、SWIFTコードや中継銀行などの情報は不要で、銀行名と支店・口座番号を入力すれば簡単に引き出せます。

国内銀行送金で出金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、出金したい口座の【出金】ボタンをクリックして、【日本円出金】を選びます。

出金金額と銀行情報を入力して、【提出する】ボタンをクリックします。

入力項目がとても多く、正しい情報を入力しないと出金が遅れてしまうため、念入りに確認したうえで出金申請しましょう。

出金申請から着金までにかかる時間は、最短で即日、遅くとも3営業日までには出金されます。

bitwalletでの出金方法

bitwalletへ出金を行うためには、予めbitwalletの口座を開設しておく必要があります。

bitwalletのアカウント登録:https://bitwallet.com/ja/

過去にbitwalletでThreeTraderへ入金した実績がある場合のみ、bitwallet出金が可能です。

bitwalletで出金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、出金したい口座の【出金】ボタンをクリックして、【Bitwallet】を選びます。

「出金希望額」の欄に出金する金額を記入して、bitwalletアカウントのメールアドレスを入力したら、【提出する】ボタンをクリック。

出金申請からおよそ1営業日でbitwalletへ着金します。

テザー(USDT)での出金方法

過去にテザー(USDT)でThreeTraderへ入金した実績がある場合のみ、テザー(USDT)出金が可能です。

テザー(USDT)で出金するには、ThreeTraderのマイページから【資金管理】ページへ進み、出金したい口座の【出金】ボタンをクリックして、【USDT出金】を選びます。

「出金希望額」の欄に出金する金額を記入して、出金先のUSDTアドレスを入力したら、【提出する】ボタンをクリック。

出金先として指定できるのはTRC20規格のアドレスのみです。

出金申請からおよそ1営業日でbitwalletへ着金します。

入出金にまつわる注意点

ThreeTraderで入出金するにあたって、気をつけたいポイントがいくつかあります。

口座タイプによって最低入金額が異なる

ThreeTraderでは現在「Pureスタンダード口座」と「Rawゼロ口座」の2種類の口座タイプが用意されており、それぞれ入金する際の最低入金額が異なります。

  • Pureスタンダード口座:1万円 ($100)
  • Rawゼロ口座:10万円 ($1,000)

他人のカードで入金すると口座凍結される可能性がある

ThreeTraderではカードの不正利用を防ぐべく、口座の名義人と異なるカードからの入金を固く禁じており、もし発覚した場合は口座凍結などのペナルティが課される場合があります。

例え、親や兄弟、配偶者のカードであっても禁じられているため、必ず本人名義のカードを使うようにしましょう。

KYCを済ませないと出金できない

これはThreeTraderに限らずすべてのFX業者にいえることですが、KYC(本人認証)を済ませるまでは口座から1円たりとも引き出すことができません。出金する前に、必ずKYCを済ませておきましょう。

KYCを行うには、「本人確認書類」と「住所証明書類」をそれぞれ1点ずつアップロードする必要があります。

提出できる書類の種類は以下のとおり。身分証明書は有効期限内のもの、現住所確認書は原則として発行から3ヶ月以内のものを提出しなくてはなりません。

本人確認書類として受け付けられるもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

住所証明書類として受け付けられるもの

  • 公共料金(電気・ガス・水道)の請求書・領収書
  • クレジットカードの請求書・利用明細
  • 銀行の請求書・利用明細
  • 携帯電話や固定電話の請求書・領収書
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 納税通知書・納税証明書
  • 住所が印字された健康保険証

ThreeTraderの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

海外FX最強の低スプレッド×クリーンなNDD方式を今すぐ体感! ThreeTraderで無料口座開設する
目次
閉じる