本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

Titan FXの強制ロスカットとマージンコールはいつ発動する?

海外FX業者のTitan FXでは、最大500倍のハイレバレッジでFXやCFDを取引できます。しかも、口座残高がどれほど増えてもレバレッジ制限がないので、大きな資金を運用するのにも向いています。

しかし、レバレッジを効かせてトレードするうえで、必ず知っておきたいのが「強制ロスカット」「マージンコール」の存在。どちらも投資家の資金を守るために設けられているシステムですが、時としてトレードの足かせとなることもあるので、その仕組みを正しく理解して備えることが大切です。

この記事では、Titan FXでトレードするうえで欠かせない「強制ロスカット」「マージンコール」それから「証拠金維持率」について、詳しく解説します。

この記事がおすすめな人
  • Titan FXの「ロスカットレベル」「マージンコール」とは何なのかを知りたい人
  • Titan FXの強制ロスカットはいつ執行されるのか知りたい人
  • Titan FXで強制ロスカットを避ける方法を知りたい人

公式サイト:Titan FX(タイタンFX)- ECN(FX、CFD、コモディティ)

目次

ロスカットレベル、マージンコールとは?

FX業者には必ず「ロスカットレベル」「マージンコール」があります。

ロスカットレベルとは、強制ロスカットが発動するタイミングのことです。ロスカットレベルの基準は「証拠金維持率」で決まっていて、例えば「ロスカットレベル50%」の場合は、証拠金維持率が50%を下回ったタイミングで強制ロスカットが働きます。

ちなみに、強制ロスカットとは、手持ちのポジションの含み損が一定以上膨らんだとき、それ以上の損失を防ぐためにポジションを強制的に決済する機能のこと。

マージンコールとは、証拠金維持率が一定の水準を下回った際に、口座がロスカットの一歩手前であることを示す警告です。マージンコールになると、新しいポジションを持てなくなります。

証拠金維持率の計算方法

ロスカットレベルやマージンコールが発動するタイミングは、「証拠金維持率」によって決まります。

証拠金維持率とは、ポジションの必要証拠金に対して占める有効証拠金の割合のことで、計算方法は次のとおり。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金×100

例えば、資金5万円で必要証拠金2万円のポジションを持つと、5万円÷2万円×100=証拠金維持率250%となります。その後、4万円の含み損が出てしまった場合、有効証拠金は1万円に減るので、1万円÷2万円×100=証拠金維持率50%にまで低下します。

Titan FXのロスカットレベル

Titan FXのロスカットレベルは20%で、スタンダード口座もブレード口座もどちらも20%となっています。

証拠金維持率が20%を下回ると、含み損が大きい順にポジションが強制的に決済されます。

取引口座の証拠金維持率が20%以下になった時点で、強制ロスカットが発動します。強制ロスカットレベルの計算式は次の通りです。
有効証拠金÷ 必要証拠金 =< 20%

Titan FXでは、いつ強制ロスカットが発動しますか? – Titan FX

ロスカットレベル20%は海外FX業者としては一般的な水準で、XMTRADINGAXIORYも同条件となります。

Titan FXのマージンコール

Titan FXのマージンコールは、証拠金維持率が90%を下回った時点で発動します。スタンダード口座・ブレード口座どちらも90%で統一されています。

マージンコールとなると、新しいポジションを建てられなくなるので注意が必要です。

参考までに競合他社と比べてみると、XMTRADINGAXIORYのマージンコールは50%、Exnessは30%となっているので、Titan FXは比較的高めの設定です。他社よりも早い段階でマージンコールとなるので、証拠金維持率にはやや余裕をもたせておくと良いでしょう。

Titan FXで強制ロスカットを避ける方法

Titan FXに限らず、FXや仮想通貨トレードで長期的に利益を出し続けるには、いかに強制ロスカットを避けるかが肝となります。日々利益を積み重ねても、それを一発で失くしてしまうのが強制ロスカットの怖さです。

ここからは、Titan FXで強制ロスカットを避けるためのポイントを紹介します。

トレード戦略が崩れたらすぐに損切する

短期トレードで安定して稼ぎ続けるためには、利幅を大きく獲り、損失はなるべく小さく抑える、いわゆる「損小利大」を意識することが大切です。トレード戦略が崩れたら、傷が浅いうちに損切する癖をつけましょう。

損失を出し続けるトレーダーの特徴として、利益は小さいのに損失が大きい「損大利小」なトレードを繰り返すことが挙げられます。どんなに細かな利益を積み重ねたとしても、一発の損切で利益どころか原資まで失くしてしまう危険性があり、一発退場してしまうのがオチです。

また、大きな損失を出した後に懲りてトレードをやめるならまだしも、その損失を取り返すためにさらに多額の損を出してしまう人も少なくありません。損切のスパイラルに陥らないためにも、損切は浅めに設定することをおすすめします。

レバレッジを抑えてトレードする

国内のFX業者は最大25倍、国内の仮想通貨取引所は最大2倍までしかレバレッジを効かせられない一方で、Titan FXは最大500倍までレバレッジをかけられます。

小さな証拠金からでも爆益を狙えるのは、ハイレバなTitan FXならではの魅力ですが、その反面、残高を一瞬で失くしてしまうリスクもはらんでいます。

スキャルピング(短期売買)やデイトレードの経験と腕前がある人なら、ハイレバなトレードでも淡々と利益を積み重ねることができるでしょう。しかし、トレード未経験者や長期トレードしかしたことがない人が、いきなりハイレバトレードに手を出すのは、相場にお金を投げ捨てるようなものです。

まずはロットを少なく、レバレッジを抑えてトレードをして、慣れてきたら徐々にロットを大きくしてレバレッジを高めていくと良いでしょう。

ロスカット前に口座へ追加入金

含み損が膨らんでいる場面で、どうしても強制ロスカットを避けてポジションを持ち続けた場合は、Titan FXへ追加入金して証拠金維持率を高めましょう。

追加入金する際の入金手段は、クレジットカードやbitwalletがおすすめです。銀行振込でも可能ですが、平日しか反映されず、振り込みから着金するまで数時間のラグがあるため、すぐに入金したいときには適していません。

しかしこれはあくまでも最終手段であり、もし相場が逆行し続けた場合は追加入金も消し飛ぶ可能性があるため、おすすめはできません。

Titan FXはゼロカットのおかげで追証リスク無し!

Titan FXでは、マージンコールと強制ロスカットの二段構えで投資家を保護していますが、相場の急変動に巻き込まれてしまうと、強制ロスカットの執行が遅れて口座残高を超えるマイナスが発生してしまう可能性があります。これをいわゆる「マイナス残高」といいます。

しかし、Titan FXでは「ゼロカットシステム」が導入されているため、残高がマイナスになった場合は、そのマイナス分をTitan FX側が補填してゼロへ戻してくれます。

ゼロカットシステムが設けられているTitan FXで取引すれば、どんなにレバレッジを効かせたとしても、預けた証拠金以上に損する恐れがありません。つまり、リスクを限定したうえでハイレバレッジの恩恵を受けられるので、トレーダーにとってはこの上なく好条件な環境といえるでしょう。

Titan FXの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

極小スプレッドと最大500倍のハイレバを今すぐ体感! Titan FXで無料口座開設する
目次
閉じる