本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

ThreeTraderの口座タイプ|Pure口座とRaw口座の違いを解説

海外FX業者のThreeTraderでは、「Pureスプレッド口座」と「Rawゼロ口座」の2種類の口座タイプが用意されています。

この記事では、Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の違いや、どちらを選べば良いのかについて解説します。

公式サイト:ホーム | ThreeTrader Japan

目次

ThreeTraderの口座タイプ

ThreeTraderの口座タイプ「Pureスプレッド口座」と「Rawゼロ口座」の特徴について、簡単にまとめました。

スクロールできます
PureスプレッドRawゼロ
取引方式STP方式ECN方式
口座の基本通貨JPY, USDJPY, USD
レバレッジ最大500倍最大500倍
1lotの価値100,000通貨100,000通貨
最小ロット0.01 (1,000通貨)0.01 (1,000通貨)
最大ロット80.00 (800万通貨)80.00 (800万通貨)
スプレッド狭い極めて狭い
取引手数料往復$4
取引ツールMetaTrader 4MetaTrader 4
FX通貨ペア60種類60種類
貴金属3種類2種類
株式指数20種類20種類
原油2種類2種類
仮想通貨14種類14種類
最低入金額1万円10万円
ボーナス無し無し
最適な用途デイトレードデイトレード
スキャルピング

Pureスプレッド口座の特徴

Pureスプレッド口座は、スプレッドが平凡な水準ではあるものの、取引手数料がかからない口座です。

他の海外FX業者でいうと「スタンダード口座」と同等の位置づけとなります。

また、最低入金額が1万円($100)からで、少額からFX取引を始められるのもPureスプレッド口座の魅力です。

Pureスプレッド口座がおすすめな人
  • 少額から取引を始めたい人
  • 手数料の無いシンプルな環境で取引したい人

Rawゼロ口座の特徴

Rawゼロ口座は、スプレッドが非常に狭く抑えられているかわりに、1lot(10万通貨)あたり$4の手数料が取られます。

1lotあたり$4を値幅に換算すると、およそ0.4pipsに相当するので、表示上のスプレッドに0.4pipsが上乗せされるイメージです。

また、最低入金額が10万円($1,000)からと高めに設定されていて、中・上級者を意識した口座であることが伺えます。

Pureスプレッド口座がおすすめな人
  • 取引にかかるコストを少しでも抑えたい人
  • 10万円($1,000)以上の資金がある人
  • 取引手数料を経費計上して節税をねらいたい人

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の違い

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座は何が違うのか、具体的に解説します。

取引方式の違い

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座はどちらも、業者のディーラーを介せずに自動的に注文を裁く「NDD」(ノンディーリングデスク)という取引方式を採用しています。システムが自動的に注文を裁いているので、透明性が高いといわれています。

ちなみに、国内のFX業者の多くは「DD」(ディーリングデスク)方式で、注文をカバー先に流すかどうかは業者のディーラーが決めるので、実態はブラックボックスと言って良いでしょう。ディーラーの裁量が入っているぶん透明性が損なわれます。

NDDには「STP方式」と「ECN方式」の2種類があり、Pureスプレッド口座はSTP方式を採用しているのに対し、Rawゼロ口座はECN方式を採用していて、注文のさばき方に違いがあります。

Pureスプレッド口座で採用されている「STP方式」

STP方式は、FX業者側が複数のリクイディティプロバイダー(金融機関)から複数のレートを持ってきて、そのなかからトレーダーにとって最も条件の良いレートで約定させるという処理を行っています。そこへ、業者の利益となるスプレッドが上乗せされてレートが配信されます。

スプレッドに予め業者側の利益が含まれているため、ECN方式よりもスプレッドが広がってしまいますが、別途で手数料などが徴収されることがありません。取引コストが把握しやすいのはSTP方式のメリットです。

Rawゼロ口座で採用されている「ECN方式」

ECN方式は、注文をそのまま電子取引所へ流し、トレーダー同士の注文を直接マッチングさせることで約定する仕組みとなっています。流動性の高い通貨ペアでは約定スピードが速く、STP方式よりも透明性が高いため、プロのトレーダーはECNを好む傾向があるようです。

スプレッドに業者側の利益は含まれていないため、STP方式よりもスプレッドが狭くなっています。しかし、それでは業者は利益を得られないため、スプレッドとは別に「取引手数料」が発生します。

スプレッドの違い

取引方式については、実際のトレードにおいて差を実感できる場面は少ないでしょう。しかし、スプレッドと取引手数料の違いはトレードの成績に直結する要素なので、しっかり把握しておく必要があります。

まず、スプレッドについてですが、Pureスプレッド口座よりもRawゼロ口座のほうが総じてスプレッドが狭くなっています。なぜなら、Rawゼロ口座は市場に直接アクセスするECN方式をとっているため、ThreeTrader側の利益が上乗せされていないからです。

メジャーな通貨ペアの平均スプレッドを比較してみると、次のようになります。

銘柄スタンダード口座ブレード口座
EURUSD0.5 pips0.0 pips
USDJPY0.6 pips0.1 pips
GBPUSD0.8 pips0.3 pips
USDCAD0.8 pips0.3 pips
USDCHF0.7 pips0.2 pips
AUDUSD0.5 pips0.2 pips
NZDUSD0.9 pips0.4 pips
EURJPY0.7 pips0.2 pips
GBPJPY1.3 pips0.8 pips
AUDJPY1.0 pips0.3 pips
XAUUSD1.3 pips0.8 pips

取引手数料の違い

スプレッドとあわせて知っておきたいのが、取引手数料の違いです。

Pureスプレッド口座に取引手数料はありませんが、Rawゼロ口座では1lotにつき$4の取引手数料が徴収されます。

上のスプレッド比較表を見ると、Rawゼロ口座のスプレッド狭さが際立ちますが、実際にはスプレッドとは別に取引手数料が発生するので、実質的な取引コストはもう少し高くなります。

取引手数料を加味したうえで、改めて実質スプレッドを比較してみると、次のようになります。

銘柄スタンダード口座ブレード口座
EURUSD0.5 pips0.4 pips
USDJPY0.6 pips0.5 pips
GBPUSD0.8 pips0.7 pips
USDCAD0.8 pips0.7 pips
USDCHF0.7 pips0.6 pips
AUDUSD0.5 pips0.6 pips
NZDUSD0.9 pips0.8 pips
EURJPY0.7 pips0.6 pips
GBPJPY1.3 pips1.2 pips
AUDJPY1.0 pips0.9 pips
XAUUSD1.3 pips1.2 pips

最低入金額の違い

Pureスプレッド口座は、最低1万円($100)から入金可能で、比較的少額からFX取引を始めることができます。

1万円と聞くと少なく思うかも知れませんが、ThreeTraderは最大レバレッジが500倍と高いため、例えばUSDJPY(米ドル/日本円)ペアでは最大45,000通貨のポジションを持てます。($1=110円と仮定した場合)

少ない資金でも大きなポジションを持つことができ、トレードスキル次第では短期間で大きな利益を狙えるのは、Pureスプレッドの大きな強みです。

対して、Rawゼロ口座の最低入金額は10万円($1,000)と、Pureスプレッド口座の10倍に設定されています。

少額から始めたい初心者トレーダーにはやや敬遠されがちですが、敷居が高いぶん、より低コストで取引が可能なので、ある程度資金に余裕があるトレーダーにはおすすめです。

Pureスプレッド口座とRawゼロ口座の共通点

最大レバレッジ500倍

Pureスプレッド口座もRawゼロ口座も、最大レバレッジは500倍に設定されています。

また、口座残高が増えるにつれてレバレッジが制限される業者が多いなか、ThreeTraderはどれほど口座残高が増えても最大500倍のレバレッジが維持されるので、数百万円・数千万円をまとめて預けたとしてもハイレバトレードを続けられます。

なお、リアル口座を作る際には、最大レバレッジを1倍・10倍・50倍・100倍・200倍・400倍・500倍の7段階から選べるため、意図的にレバレッジを引き下げてリスクコントロールすることも可能です。

多種多彩なFX通貨ペアとCFDを取引可能

ThreeTraderでは多種多様なFX通貨ペアとCFD商品を取引可能で、Pureスプレッド口座もRawゼロ口座も取り扱い銘柄に違いはありません。

メジャー通貨ペア (7種類)

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円ペア (6種類)

AUDJPY, CADJPY, GBPJPY, CHFJPY, EURJPY, SGDJPY

マイナーペア (47種類)

AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, CADCHF, AUDSGD, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURGBP, EURNZD, EURSGD, GBPAUD, GBPCHF, GBPCAD, GBPNZD, GBPSGD, NZDCAD, NZDCHF, NZDSGD, USDSGD, NZDJPY, EURHUF, AUDZAR, AUDCNH, EURHKD, EURCZK, USDZAR, EURCNH, NZDSEK, CHFZAR, CHFHUF, EURNOK, EURSEK, EURTRY, GBPNOK, GBPSEK, NOKSEK, USDCNH, USDCZK, USDDKK, USDHKD, USDMXN, USDHUF, USDNOK, USDSEK, USDTRY, USDRUB

取引プラットフォームはMT4一択

海外FXの多くは、業界のスタンダードであるMetaTrader 4(MT4)を採用していますが、最近は新バージョンのMetaTrader 5(MT5)を取り扱う業者も増えてきました。XMHotForexExnessのように、MT4とMT5の両方を提供している業者が目立ちます。

そんななか、ThreeTraderで選べる取引プラットフォームはMetaTrader 4(MT4)のみで、MT5には非対応。MT5に使い慣れている方にとってはデメリットとなるでしょう。

口座の基軸通貨はJPYとUSDから選べる

Pureスプレッド口座もRawゼロ口座も、口座の基軸通貨はJPY(日本円)とUSD(米ドル)の2種類から選ぶことができます。

ThreeTraderの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

海外FX最強の低スプレッド×クリーンなNDD方式を今すぐ体感! ThreeTraderで無料口座開設する
目次
閉じる