MENU
本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

FXGTの評判・レビュー|FXと仮想通貨を融合した新興業者

2020 11/16
FXGTの評判・レビュー|FXと仮想通貨を融合した新興業者

FXGTの総評

7.2

会社の安全性・運営実績

3.0/10

資金の保全方法

5.0/10

取り扱い銘柄の豊富さ

8.0/10

レバレッジの高さ

8.0/10

取引の透明性

8.0/10

スプレッドの狭さ

4.0/10

取引ツールの使いやすさ

9.0/10

入出金のしやすさ

7.0/10

ボーナスの充実度

10.0/10

日本語サポート

10.0/10

良いところ

  • 最大500倍のハイレバレッジ
  • ゼロカット制度あり
  • FXや仮想通貨、個別株まで様々な銘柄をカバー
  • 休日も仮想通貨FXができる
  • 初回登録で3,000円ボーナスが貰える
  • 充実した日本語サポート

残念なところ

  • MT4非対応(MT5のみ対応)
  • 信託保全がない
  • 法人口座が作れない

FXと仮想通貨を掛け合わせた海外FX業者「FXGT」(エフエックスジーティー)を総合的な視点でレビューします。FXやビットコインはじめとする仮想通貨を最大500倍のハイレバレッジで取引できると話題の業者です。

安全性や信頼性、口座スペック、使いやすさなどを、ネット上の評判などを交えながら詳しくまとめました。これからFXGTで取引したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

結論からまとめると、FXGTはFXと仮想通貨をどちらもハイレバでトレードしたい人に最適な業者です。

FXGTは48種類のFX通貨ペア13種類の仮想通貨ペア(うち円建てペアは5種類)を取り揃えていて、FXと仮想通貨はすべての銘柄において最大500倍のハイレバレッジで取引可能。さらには、貴金属や株式指数などのCFD商品や、米国の代表的な個別株も取引できるので、ありとあらゆる商品を手広くトレードしたい人にはうってつけ。

2019年12月設立されたばかりの新興業者とはいえ、既にセーシェル金融庁のライセンスを取得しており、日本語サポートも充実しているため安心して利用できます。

そして、ボーナスも大変充実していて、海外FXの王者とされているXMよりも太っ腹です。常に新規登録者に対して3,000円の口座開設ボーナスをプレゼントしているほか、入金ボーナスや取引キャッシュバックも随時行っています。

公式サイト:FXGT | 業界初のハイブリット取引所

それでは、FXGTの詳しいレビューをご紹介します。

目次

FXGTのスペック表

運営会社360 Degrees Markets Ltd (2019年設立)
金融ライセンスセーシェル金融庁の金融ライセンス(番号:SD019)
資金の保全方法分別管理
取り扱い銘柄FX通貨ペア:48種類
仮想通貨:13種類
貴金属:2種類
株式指数:8種類
個別株:53種類
原油:3種類
口座タイプ1種類のみ
法人口座
口座の基本通貨法定通貨:JPY, USD, EUR
仮想通貨:BTC, ETH, XRP, USDT
レバレッジFXと仮想通貨:最大500倍、それ以外:最大100倍
※取引量に応じて最大レバレッジが制限される(詳しくは後述)
取引ロット最小:0.01lot (1,000通貨)
最大:50.00lot (500万通貨)
ロスカット水準証拠金維持率50%未満
追証
ゼロカット
取引方式NDD方式
スプレッド標準的
取引ツールMetaTrader 5
最低入金額$5 (海外銀行送金のみ$100)
入金方法
出金方法
クレジットカード
デビットカード
Eウォレット(bitwallet、STICPAY)
暗号通貨(BTC、ETH、XRP、USDT)
海外銀行送金
ボーナス
日本語サポート

FXGTの良い評判・メリット

新興業者ながらライセンスを取得・経営陣が豪華

FXGTの運営会社は360 Degrees Markets Ltdで、セーシェル共和国に登記されいます。金融ライセンスは、セーシェル金融庁のライセンス(番号:SD019)を保有。

本社オフィスはキプロス共和国にあり、ISPASS Technologies Ltdという名前で法人登記されています。しかしながら、CySEC(キプロス金融規制機関)のライセンスは取得しておらず、現状ではセーシェルのライセンスのみです。

2019年の12月に設立されたばかりの新興企業なので、運営歴はまだゼロに等しく、信頼性や安全性は未知数といえるでしょう。とはいえ、仮想通貨デリバティブ取引所として名高いCryptoGTの経営陣が運営しているため、運営のノウハウは十二分に継承されているはずです。

また、FXGTのマーケティング担当者曰く、大手ブローカーXMやAxioryの創立に携わったメンバーも在籍していているとのこと。FX業界の内部事情をよく知っている人材が経営していることを考えると、ますます今後の発展に期待できます。

最大500倍で仮想通貨FXができる

仮想通貨を取り扱っている海外FXは多いですが、FX同様にハイレバで取引できる業者はかなり少なく、大抵の場合は10倍〜100倍程度に制限されています。

しかし、FXGTならFXも仮想通貨も最大500倍というハイレバレッジで取引可能で、そのような業者は他にありません。

FX業者仮想通貨ペア数最大レバレッジ
FXGT13種類最大500倍
Exness7種類最大100倍
iFOREX18種類最大10倍
HotForex13種類最大10倍
BigBoss9種類最大5倍

幅広い銘柄を一つの口座で取引できる

FXGTの取り扱い銘柄は多種多様。48種類の通貨ペアと13種類の仮想通貨ペアのほかにも、8種類の株式指数や53種類もの個別株もCFD商品としてラインナップされています。貴金属や原油ももちろん取引できます。

ありとあらゆる銘柄を一つの口座で取引できるのはFXGTならではの魅力といえるでしょう。

FXGTの取り扱い銘柄をすべてまとめました。

メジャー通貨ペア (7種類)

AUDUSD, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPY

クロス円通貨ペア (7種類)

AUDJPY, CADJPY, CHFJPY, EURJPY, GBPJPY, NZDJPY, TRYJPY

マイナー通貨ペア (34種類)

AUDCAD, AUDCHF, AUDNZD, CADCHF, EURAUD, EURCAD, EURCHF, EURDKK, EURGBP, EURHUF, EURNOK, EURNZD, EURPLN, EURSEK, EURTRY, GBPAUD, GBPCAD, GBPCHF, GBPNZD, NZDCAD, NZDCHF, USDCNH, USDCZK, USDDKK, USDHKD, USDHUF, USDMXN, USDNOK, USDPLN, USDRUB, USDSEK, USDSGD, USDTRY, USDZAR

休日も仮想通貨FXができる

FXを取引できるのは、市場が空いている月曜日〜金曜日の5日間。土日は取引できません。

しかし、仮想通貨市場に休みはなく、FXGTでも平日休日問わず24時間365日いつでも仮想通貨を取引できます。仮想通貨を取り扱っているものの休日は取引できないFX業者も多いので、休日も仮想通貨FXをやりたいならFXGTをおすすめします。

NDD方式採用で透明性が高い

FXGTではNDD(ノン・ディーリング・デスク)方式という取引形態を採用しています。

NDD方式とは、ディーリングデスク(ディーラー)を通さない取引方式のことで、トレーダーの注文は業者のサーバー内で自動的に処理されます。ディーラーの裁量が介在しないため、トレーダーにとって不利なレートで約定したり、業者によるストップ刈りが行われる可能性は比較的少ないといえるでしょう。透明性と公平性が高い取引方式です。

ちなみに、NDD方式の対となるのがDD(ディーリング・デスク)方式。

DD方式とは、業者内にディーリングデスクを置いて、トレーダーと業者内のディーラーが相対取引を行います。トレーダーの注文が直接市場へ流れるわけではなく、トレーダー↔業者↔市場という構図となっていて、トレーダーが損をすれば業者は儲かる=利益相反が起こってしまうのが問題視されています。

国内のFX業者の多くはこのDD方式を採用していて、負けるトレーダーが多いからこそ業者は儲けを確保でき、結果として海外FXよりもスプレッドを狭くすることができています。スプレッドが狭い国内FXは、一見するとトレーダーにとって有利にも思えますが、トレーダーの損が狭いスプレッドを維持できている事実を忘れてはいけません。

追証を心配せずハイレバ取引できる

FXGTには「ゼロカットシステム」が導入されているため、万が一にも口座残高がマイナスになってしまっても、そのマイナス分をFXGT側が補填してゼロに戻してくれます。

ハイレバレッジで取引を行っている際に、相場の急変動に巻き込まれて強制ロスカットが効かなかった場合、口座残高を超えるマイナスが発生してしまう可能性があります。

しかし、口座残高がマイナスになってしまっても、FXGTがマイナス分を補填してゼロに戻してくれます。どれほどマイナス残高が膨らんでしまっても、マイナス分は必ずゼロカットされるので追証が請求される心配がありません。

日本国内では、法律によって「業者が顧客の損失を補填する行為」を禁止していることから、ゼロカットを行う業者は一社たりとも存在しません。マイナス分を顧客へ請求する「追証」という悪魔のシステムがあるせいで、FXで失敗したがために到底払いきれない借金を背負ってしまう人が後を絶たないのです。

このような背景から、年々追証の危険性とゼロカットの重要性が認知されているとともに、ゼロカットのある海外FX業者のニーズが高まっています。

FXGTでは「ゼロカットシステム」を導入しているため、追証は絶対に発生しません。

ゼロカットシステムが設けられているFXGTで取引すれば、預けた証拠金以上に損する恐れがありません。つまり、リスクを限定したうえで最大500倍というハイレバの恩恵を受けられるのです。

新規登録で3,000円ボーナスが貰える

FXGTはボーナスがとても豊富な業者で、新規登録するだけで3,000円ボーナスが貰えるキャンペーンをほぼ常時実施しています。

入金しなくても必ず貰うことができるので、言い換えれば完全にノーリスクでFXを始められるということ。3,000円という額は決して多くありませんが、FXGTの500倍レバレッジを味方につけてトレンドを掴むことさえできれば、3万円・30万円へ増やすことも十分に可能でしょう。

3,000円口座開設ボーナスの受け取り方は簡単。FXGTの口座開設ページで登録作業を済ませたら、マイページから本人確認書類と現住所確認書類の2点を撮影してアップロードするだけ。早ければ30分〜1時間程度で受け取れます。

FXGTではその他にも多数のボーナスを提供しています。最新のボーナス情報を知りたい方は、別記事「FXGTのボーナス情報」をご確認ください。

入出金手段が豊富

海外FXを利用する際の懸念として、入出金がしづらいという問題点が挙げられますが、FXGTでは様々な入出金手段に対応しているので心配する必要はありません。

国内銀行送金に対応していないのは残念なポイントではあるものの、その他の手段でいくらでも代用できます。手軽なカード入金や、手数料を抑えつつスピーディーに送金できるEウォレット(bitwallet・STICPAY)にも対応していて、使い慣れてしまえば不便は感じません。

また、4種類の仮想通貨での入出金もサポートしているので、既に仮想通貨ウォレットを持っているならぜひ利用したいところ。

口座開設やマイページがわかりやすい

FXGTは日本人トレーダーを重要なターゲットとしているためか、日本語対応にはかなり力を入れている印象。実際にFXGTの公式ページを見ていただけるとわかるように、Webサイトの言語はEN(英語)とJP(日本語)のみ。

すべてのページが完璧に日本語化されているため、ほぼ英語入力を使わず口座開設できて、英語力に自信のない方でも安心して取引を始められます。また、マイページも非常にわかりやすい作りとなっていて、入出金や各種手続きにおいて戸惑うことはありません。

今お使いのブローカーに使いにくさを感じている方は、この機会にFXGTの使いやすさを体感してみては如何でしょう。

日本語サポート対応で安心

FXGTのWebサイトは全て日本語化されています。英語力はほとんど必要なく、自分の名前や住所をローマ字表記で書ければ特に問題なく利用できます。

また、日本人スタッフも在籍していて、わからない事やクレームがあれば日本語で問い合わせることができます。

日本語オンラインチャットは、平日・休日問わず9時から23時まで開いています。また、マイページの「チケット」という問い合わせフォームもあり、こちらは24時間365日いつでも問い合わせ可能です。メールでの問い合わせも可能です。

FXGTの悪い評判・デメリット

MT4が使えない(MT5のみ)

FXGTでは取引プラットフォームは、MetaQuotes Software社の「MetaTrader 5」(MT5)が採用されています。

MT5はMT4の次世代型で、機能性や使いやすさが改善されています。時間足はMT4の9種類から21種類に増えていて、標準のインジケータや描画ツールも増えているので、幅の広いチャート分析が可能です。また、MT4ではCPUのシングルコアしか使うことができなかった一方、MT5ではマルチコア処理に対応したため、MT4よりもサクサク軽快に動きます。

残念ながらMT4には非対応となっています。

海外FX業者の多くがMetaTrader 4(MT4)という取引プラットフォームを採用しているなか、FXGTはその新バージョンのMetaTrader 5(MT5)のみに対応していて、MT4には対応していません。

MT5もMT4も基本的な使い方は変わりません。ただ、より多くのインジケータやEA(自動売買)を使いたいならMT5を選ぶべきではなく、MT4に対応した業者を選ぶべきです。

口座を放置すると手数料が引かれる

取引しない状態が90日続いた口座は「休眠口座」に切り替わります。

休眠口座に切り替わったときに残高が残っていると、以降は毎月$10(1,000円)の休眠口座手数料が引き落とされていきます。

引き落としのタイミングで口座残高が$10未満の場合、その口座は「凍結口座」となり使えなくなりますので、口座を放置しないように注意しましょう。

信託保全がない

FX業者の安全性をはかるうえで絶対に見逃してはいけないのが、資金の保全方法。顧客から預かったお金を信託銀行へ預け、万が一業者が倒産しても100%返金される「信託保全」があるか否かで、その業者に対する評価は大きく変わってきます。

FXGTの営業を認可しているセーシェル金融庁は、業者に対して信託保全の導入を義務付けていないため、FXGTも信託保全を設けていません。資金の保全方法は分別管理のみで、分別管理先の銀行も定かではないので、不信感を抱いてしまうのは致し方ないでしょう。

運転資金とトレーダーの証拠金は別々に切り離されて管理されているものの、万が一FXGTが経営難に陥ったときに顧客の資金が流用されるリスクはゼロとは言い切れません。

信託保全を設けていない業者へ多額の証拠金を預けることはおすすめしません。最悪失っても支障のない額を入金しましょう。

ポジション総量に応じたレバレッジ制限がある

FXGTの最大レバレッジは500倍。FX通貨ペアと仮想通貨はすべて最大500倍で、貴金属・株式指数・個別株・原油はすべて最大100倍となっています。

ただし、自身が保有しているポジションの総量が一定量を超えると、段階的にレバレッジが制限されます。下の表は、メジャー通貨ペアでのポジションの総量と最大レバレッジの関係を示したもの。

ポジションの総量最大レバレッジ必要証拠金
$100万未満500倍0.2%
$100万~$200万200倍0.5%
$200万~$300万100倍1.0%
$300万~$500万50倍2.0%
$500万以上20倍5.0%

FXGTでいうメジャー通貨ペアとは、AUDUSD, EURCHF, EURGBP, EURUSD, GBPUSD, NZDUSD, USDCAD, USDCHF, USDJPYの9ペアを示します。

例えばUSDJPYを取引する場合、10lot(100万通貨)までは最大500倍で取引できますが、手持ちのポジションの総量が10lotを超えると最大レバレッジが200倍へ引き下がります。

また、GBPUSDを取引するとして現レートが1ポンド=1.3ドルの場合、100万÷1.3=約7.69lot(約76.9万通貨)を超えるとレバレッジ制限の対象となります。

FXGTのスプレッド・スワップ

主要な通貨ペアの平均スプレッドとスワップポイントは以下のとおり。

銘柄平均スプレッド買スワップ売スワップ
EURUSD1.6pips-9.030.72
USDJPY1.6pips1.65-8.78
GBPUSD2.2pips-7.980.48
USDCAD2.3pips-1.68-6.54
USDCHF2.2pips4.23-12.01
AUDUSD1.8pips-4.950.15
NZDUSD2.7pips-3.25-0.65
EURJPY2.2pips-4.29-3.40
GBPJPY3.5pips-0.35-7.56
AUDJPY3.3pips-0.35-5.35
XAUUSD0.40-18.210.52

主要な仮想通貨ペアの平均スプレッドとスワップポイントは以下のとおり。

銘柄平均スプレッド買スワップ
(4時間毎発生)
売スワップ
(4時間毎発生)
BTCJPY500-0.0105%-0.0085%
BTCUSD4.00-0.0105%-0.0085%
ETHUSD0.50-0.0111%-0.0101%
XRPUSD0.00090-0.0115%-0.0105%
LTCUSD0.220-0.0105%-0.0100%
BCHUSD0.80-0.0105%-0.0100%

FXGTの入金方法

FXGTが用意している入金方法は以下のとおり。

入金方法最低入金額手数料反映時間
クレジットカード
デビットカード
VISA/Master:$50 (5,000円)
JCB:$10 (1,000円)
無料即時
bitwallet$10 (1,000円)無料即時
STICPAYなし無料即時
ビットコイン0.0001 BTC無料通常30分以内
イーサリアム0.00105 ETH無料通常30分以内
リップル0.0001 XRP無料通常30分以内
テザー5 USDT無料通常30分以内
海外銀行送金$100 (10,000円)5万円以上:無料
5万円未満:3,000円
2~5営業日

海外FXではおなじみのbitwalletSTICPAYなどのEウォレットサービスに対応しているのは嬉しいポイント。どちらのサービスも続々と対応業者が増えてきたので、いつつかの海外FX業者を使い分けている方はEウォレットを上手く活用してスムーズな入出金を行いましょう。

「FXと仮想通貨のハイブリッド取引所」と謳うだけあり、Eウォレットやカードのみならず、仮想通貨での入金も可能。現在はビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)テザー(USDT)の4種類に対応しています。

原則的にFXGT側での入金手数料は無料です。ただし、海外銀行送金で入金する場合、入金額が5万円に満たないと3,000円の手数料が引かれてしまいます。(海外銀行送金は口座へ反映するまで2~5営業日もかかるため、使うメリットがありません。)

FXGTの出金方法

出金方法は以下のとおり。

出金方法最低出金額手数料反映時間利益分出金
クレジットカード
デビットカード
VISA/Master:$50 (5,000円)
JCB:$10 (1,000円)
無料数日
〜2ヶ月
bitwallet$10 (1,000円)無料1営業日
以内
STICPAYなし無料即時
ビットコイン0.0001 BTC無料1営業日
以内
イーサリアム0.00105 ETH無料1営業日
以内
リップル0.0001 XRP無料1営業日
以内
テザー5 USDT無料1営業日
以内
海外銀行送金$100 (10,000円)無料
※リフティングチャージ、
被仕向手数料は顧客負担
2~5営業日

クレジットカード・デビットカードで出金する場合、ショッピング枠で決済した分をキャンセル(返金)するという処理が行われるため、カードで入金した分以上を出金することはできません。

例えば、カードで3万円入金した後、7万円の利益を得て残高が10万円になったとしましょう。残高10万円をすべて引き出す場合は次のように手続きを進めます。

  1. カードへ3万円を返金
  2. その他の出金方法(Eウォレット・仮想通貨・銀行送金)で7万円を出金

FXGTのボーナスキャンペーン

FXGTは設立間もない新興業者のため、集客にとても力を入れている印象です。ボーナスに関しては明らかにXMを上回っています。

ほぼ常に「新規登録ボーナス」を用意していて、FXGTで初めて口座を開設すると3,000円(稀に5,000円)のボーナスクレジットを受け取れます。

また、初回入金に対して100%~150%のボーナスが貰える「初回入金ボーナス」や、一定の累計額に達するまでなら何回でもボーナスを受け取れる「常時入金ボーナス」も頻繁に行われていて、他の業者へ入金するよりも断然お得です。取引量に応じてキャッシュバックされる「取引ボーナス」もたまに行われています。

  • 新規登録ボーナス:FXGTで初めて口座開設すると貰える
  • 初回入金ボーナス:初めてeWalletへ入金してMT5口座へ移した際に貰える
  • 常時入金ボーナス:一定の累計受け取り額に達するまで、入金するたびに額に応じたボーナスが貰える
  • 取引ボーナス:期間中の取引量に応じてキャッシュバックが貰える

FXGTが現在行っているボーナスについては、別記事「FXGTのボーナス情報」にて詳しくまとめています。

ボーナスクレジットを直接出金することはできません。ただし、受け取ったボーナスを元手に稼いだ分はいくらでも出金できて、「〇〇以上稼がないと出金NG」「〇〇lot以上取引しないと出金NG」のような隠れ条件もありません。

【当サイト限定】FXGT新規登録+入金+取引開始で5,000円プレゼント!

当サイトCFX Tradingを経由してFXGTのライブ口座を開設し、所定の条件を満たしていただいたトレーダー様へ、5,000円のギフト券・ビットコイン・現金をプレゼントするキャンペーンを開催中です!

他のサイトにはない超お得なキャンペーンですので、FXGTで口座開設する際はぜひご活用ください。

キャンペーン詳細:CFX Trading限定企画!FXGT新規トレーダーに5,000円プレゼント

FXGTの口座開設~取引開始までの流れ

FXGTの口座開設と取引開始までの具体的な流れは、次のとおり。

  1. FXGTの登録ページからアカウント登録する
  2. 個人情報を登録する
  3. 本人確認書類と現住所確認書類をアップロード
  4. MT5の取引口座を開設する
  5. 必要に応じて口座へ入金する (カードか仮想通貨がおすすめ)
  6. MT5をインストールして取引を始める (パソコン・スマホどちらもでOK)

FXGTを使うべき人とは

この記事ではFXGTのレビューやメリット・デメリットを詳しくチェックしてきました。最後に、記事の内容を振り返ります。

FXGTはFXと仮想通貨ペアを幅広く取り扱っていて、しかもFXも仮想通貨も最大500倍のハイレバで取引できるのが魅力です。「FXと仮想通貨をハイレバトレードしたい」という方は、FXGTを検討してみる価値は大いにあります。

FXや仮想通貨のほかにも、各種CFD商品や米国個別株もいくつかラインナップされているので、様々な商品に幅広くトレードしたい方にも向いています。

また、FXGTでは新規登録するだけで3,000円のボーナスを貰うことができるので、1円も資金を入金することなく取引を始められます。その他にも、入金ボーナスや取引ボーナスなどなど様々なプロモーションを行っているので、ボーナスを駆使してお得にトレードしたい方にもおすすめできる業者です。

FXGTを使うべき人の特徴をまとめると次のようになります。

FXGTを使うべき人
  • FXと仮想通貨をハイレバトレードしたい人
  • 様々な商品を幅広くトレードしたい人
  • 追証が発生しない環境で安心してトレードしたい人
  • 休日も仮想通貨FXをしたい人
  • 新規登録ボーナスを受け取ってリスクゼロでFXを始めたい人
  • 英語力に自信がないため、手厚い日本語サポートを受けたい人

逆に、FXGTを使わないほうが良い人の特徴をまとめると次のとおり。

FXGTを使わないほうが良い人
  • MT4を使いたい人 (FXGTはMT5のみ対応)
  • 信託保全のある環境下で多額のハイレバトレードをしたい人
  • 法人口座を作りたい人

FXGTには信託保全が用意されていないため、多額の資金を預けっぱなしにしておくことはおすすめしません。資金保全体制のしっかりした業者で取引したい方は、完全信託保全を導入しているAXIORYや、$35,000までの信託保全のあるTradeviewを検討しましょう。

また、法人口座を作れないこともデメリットとして挙げられます。

FXGTの記事一覧

この記事を書いた人

CFX Tradingは、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、FX業者の良し悪しをレビューする批評サイトです。「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をもとに各業者をレビューします。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 兼原 より:

    はじめまして、トレード歴3年で、現在はxmtradingを使っているものです。
    fxgtはxmと同じような環境で取引できるにも関わらず、ボーナスがとても魅力的なため、今ちょうど乗り換えを考えています。

    ただ、歴史の浅い会社ということで、本当に安全なのか?確信が持てません。特に出金拒否や利益没収などを危惧しています。
    この記事を書いた管理人さんは、fxgtで実際に入出金されているのでしょうか?多額(100万円を超える程度)を引き出す経験はされていますでしょうか?

    わかる範囲内で構わないので、お答えいただけると助かります!

    • コメントありがとうございます。

      兼原様の仰るとおり、FXGTは運営歴が短い業者です。
      加え、資金保全の方法についても「分別管理」のみであることから、信頼性や安全性が十分確保されているとはいえません。

      私自身はFXGTでの多額の入出金については検証していません。
      しかしながら、系列Webサイトの執筆および運営を行っているプロトレーダーの方からは、「300万円程度の出金も特に問題なくスンナリ通った」との報告を受けております。
      100万円・1,000万円を超えるような多額の出金事例も見受けられるのもまた事実ですから、少なくとも出金拒否をするような悪徳業者ではないと判断しております。

  • LiON より:

    すでにクリプトGTを使っている者ですが、これからFXGTに登録しても多重登録にはなりませんか?もし問題無い場合、ウェルカムボーナスも貰えるんでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      はい。CryptoGTとFXGTは系列ブローカーですが、既にCryptoGTをお使いの方も、FXGTにご登録いただけます。複数アカウントの作成にはあたりませんのでご安心ください。(その逆も然り)
      また、既にCryptoGTにて口座開設ボーナスをお受け取りいただいている場合でも、FXGTに新規登録すれば口座開設ボーナスが付与されます。

コメントする

目次
閉じる