本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

DeCurret(ディーカレット)の評判は?メリット・デメリットを調査

仮想通貨の取引で利益を出すためには、取引する通貨やニュースなどの情報収集などが重要ですが、同様に仮想通貨取引所選びも重要です。

利用する取引所によっては、手数料が大きかったり取り扱い通貨数が少なかったりなど、取引しにくいものもあります。

なので、利用できる取引所を比較して、自分に適している取引所を選ぶことが重要です。

この記事では、国内の取引所の中でも比較的信頼性が高いとされている「DeCurret」(ディーカレット)について紹介します。

公式サイト:ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)取引所 | ディーカレット

目次

DeCurretの概要

DeCurretの概要は下記の通りです。

会社名株式会社ディーカレット
会社設立日2018年1月
所在地東京都千代田区富士見2-10-1
取り扱い通貨数7種類
公式HPhttps://www.decurret.com/

2018年にサービスをリリースしてからは販売所としての機能をメインに扱っていましたが、2021年4月に取引所サービスをリリース。

アプリからでも簡単にチャートツールを搭載した取引所を利用できます。

取り扱っている通貨数は多くないものの、徐々に人気が上がってきている取引所です。

DeCurretのメリット

DeCurretは国内の取引所の中でもまだまだ若い取引所ですが、すでに国内ユーザーからの人気が高いです。

DeCurretは取引がしやすく、ユーザーが受ける恩恵も多いです。

では、ユーザーは具体的にどのようなポイントにメリットを感じているのでしょうか。

ここからはDeCurretのメリットを紹介します。

仮想通貨による電子マネーのチャージが可能

DeCurretでは仮想通貨による電子マネーのチャージが可能です。

対応している電子マネーは下記の通りです。

  • au PAY プリペイドカード
  • 楽天Edy
  • nanaco

電子マネーにチャージできる単位は0.00001BTCからとなっている日本円単位でも少額からチャージできます。

電子マネーにチャージする際は、取引所から一度出金してから電子マネーにチャージしますが、その手間が省けるため、電子マネーの利用が多い人は利用しましょう。

メガバンクや大手企業が出資している

DeCurretに対して国内のメガバンクや大手企業が出資しています。

伊藤忠商事やKDDI、JR東日本などの有名な企業が投資を行なっていることから、DeCurretに対しての信頼感も厚いです。

出資をしているということは、それだけDeCurretの将来性に期待していたり、利益が出る事業であると確信していたりします。

そのため、ユーザーとしても安心して取引所を利用できます。

スマホアプリが使いやすい

DeCurretはスマホアプリのデザインが優れており、直感的に操作できます。仮想通貨取引所のアプリが使いにくいと、取引のタイミングを逃してしまうケースも少なくありません。

仮想通貨の購入や送金などもアプリ内で完結するため、取引したことがない人でも簡単に取引できます。

外出先でも取引したい方やこれから仮想通貨取引を始めるという方におすすめのアプリです。

ほとんどの手数料が無料

DeCurretはほとんどの手数料が無料です。実際に無料の手数料は下記の通りです。

  • 販売所取引手数料
  • 仮想通貨入金手数料
  • 法定通貨手数料

手数料が高い取引所を利用すると、コストがかかってしまい、取引で得た利益も減ってしまいます。

仮想通貨取引をこれから始める人は出来るだけコストがかからない取引所を利用しましょう。

定期的なキャンペーンを実施している

DeCurretでは定期的にユーザー向けのキャンペーンを実施しています。

例えば、アカウント開設を実施することで2,000演奏等のビットコインをプレゼントしたり、DeCurretで取り扱っている通貨すべてを取引することで、最大3,500円相当のビットコインをプレゼントするキャンペーンが行われています。

国内の取引所でもキャンペーンを実施してくれる取引所は多くありません。

今後もユーザー向けのキャンペーンを実施する可能性があるため、取引所による恩恵を受けたい人にはおすすめの取引所です。

DeCurretのデメリット

ここまではDeCurretのメリットを紹介しました。DeCurretは取引所としてまだまだ若いですが、充実した機能が揃っています。そのため、ユーザー人気も非常に高いです。

一方で、DeCurretにはデメリットも存在しており、把握しておくことで開設後のトラブルを防げます。ここからはDeCurretのデメリットを紹介します。

取り扱っている通貨数が少ない

DeCurretは取り扱っている通貨数が多くありません。DeCurretで取り扱っている通貨は下記の通りです。

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ONT(オントロジー)
  • QTUM(クアンタム)

ビットコインやイーサリアムなどのメインとなる仮想通貨は取引できるため、普段の取引で困ることはありません。

しかし、取り扱い仮想通貨が少ない取引所を利用していると、それだけ高騰した通貨のチャンスを逃すことになります。

出来るだけさまざまな通貨の取引を進め、チャンスをものにしたい方は取り扱い通貨が多い取引所を利用しましょう。

スプレッドが広い

DeCurretはスプレッドが広いデメリットも存在します。スプレッドとは仮想通貨の販売所における買値と売値の差額を指します。

例えば、ビットコインを​​DeCurretの販売所で購入したタイミングでの売値は少し低いです。つまり、ビットコインを購入した後、すぐに売却したとしても利益は出ません。

そのため、販売所で仮想通貨を購入したとしても、一定の価格上昇を経てからでなければ売却しても意味がありません。

スプレッドが広い取引所では、より価格が上がらなければ利益がでないため、出来るだけスプレッドが狭い取引所を利用するユーザーが多いです。

レバレッジ取引ができない

DeCurretではレバレッジ取引はできません。レバレッジ取引とは、自身で入金した証拠金を元手に数倍の金額を動かせる取引です。

例えば、レバレッジ取引の倍率が2倍の取引所において、10万円の証拠金を入金して取引を実施した場合、20万円分の取引が可能となります。

その一方で、レバレッジ取引による損失に関しても倍率がかかってしまうため、リスクも大きいです。

大きな利益を出したい方はレバレッジ取引にチャレンジしますが、DeCurretではレバレッジ取引ができません。

レバレッジ取引を検討している方は、他の取引所を検討することをおすすめします。

DeCurretの手数料

DeCurretの手数料は下記の通りです。

入金手数料無料
出金手数料275円
取引手数料Maker:-0.03%Taker:0.23%(販売所は無料)
仮想通貨入金手数料無料
仮想通貨出金手数料0.0004BTC

DeCurretの手数料に関してもコストをおさえて取引できるため、取引回数が多い人にとってはおすすめです。

また、取引所におけるメイカー手数料がマイナスになっていることも大きな特徴です。メイカー手数料がマイナスということは、メイカー注文を出せば報酬がもらえるということになります。

国内の取引所の中でもメイカー手数料がマイナスの取引所は多くありません。

取引所による取引の回数が多いユーザーは、マイナス手数料の取引所を選びましょう。

DeCurretがおすすめな人

ここまで、DeCurretの概要やメリット、デメリットについて解説しました。DeCurretは今後も成長していく可能性が高く、他の取引所と合わせて開設しておきたい取引所です。

では、実際にどのような人にDeCurretがおすすめなのでしょうか。ここからはDeCurretがおすすめなユーザーについて紹介します。

電子マネーを頻繁に利用する方

上記でも説明した通り、DeCurretでは仮想通貨を使って電子マネーをチャージできます。電子マネーがチャージできる取引所はDeCurretのみです。

DeCurretによる電子マネーのチャージはインターネットに接続された状況であれば、チャージできます。

お金を財布から取り出してチャージする手間が省けるため、スムーズにチャージしたい人におすすめの機能ですので、電子マネーをどこでもチャージしたい方は、DeCurretでの口座開設を検討しましょう。

信頼できる取引所を利用したい方

DeCurretは有名な企業やメガバンクから出資を受けています。出資を受けている取引所はそれだけ周りからの信頼も厚く、今後に期待を持てる証拠でもあります。

仮想通貨取引所選びにおいては、取引所に対する信頼度は重要な指標です。

例えば、信頼度が低い取引所はそれだけ魅力が少なかったり、取引所自体が潰れてしまう可能性があったりなど、ユーザーに対してもマイナスの要素が多いです。

仮想通貨取引所が潰れてしまった場合、利用しているユーザーの資産が失われてしまう可能性があります。

そのため、経営的にも信頼できる取引所を選ぶことが重要です。

メイカー注文を頻繁にする方

DeCurretはメイカー手数料がマイナスになっているため、メイカー注文をすると報酬として一部の仮想通貨が手に入ります。

取引をするだけで利益が発生するため、ユーザーとしては嬉しいサービスです。

国内の取引所においてもメイカー注文による報酬が得られる取引所は多くありません。そのため、取引所による取引を積極的に実施したい方には、DeCurretがおすすめです。

まとめ

今回は仮想通貨取引所の中でもDeCurretを紹介しました。

DeCurretは国内の取引所の中でも出来たばかりの取引所で、ユーザー数も国内換算ではそこまで多くありません。

しかし、取引所としての機能が揃っており、今後人気が出てくる可能性が高いです。

また、スマホアプリが使いやすいことから仮想通貨取引をこれから始めたい人にもおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる