本当に使いやすいおすすめ海外FX業者10社

XMTradingアプリの使い方|出来ること、操作方法を完全攻略

海外FX業者のXM (XMTrading)では、独自のスマホアプリを提供していて、iPhoneやAndroidスマホをお使いの方はアプリで取引や入出金が可能です。

この記事では、XMTradingアプリの使い方や機能について徹底解説します。

現在、iOS版のMT4・MT5がAppStoreからダウンロードできない状況ですが、XMTradingアプリは従来通りダウンロード可能で、MT4・MT5と同じような操作感で取引できます。

公式サイト:XMTrading™ の FX、株式指数、原油、ゴールドとCFD商品

目次

XMアプリで出来ること・機能

XMアプリはどのような機能があり、具体的に何ができるか、まとめました。

  • トレード (新規注文・決済注文・注文の変更)
  • トレード履歴の表示
  • XM口座への入金
  • XM口座からの出金
  • 簡易的なチャート分析
  • 気配値表示
  • アカウント情報の表示
  • ボーナスの確認
  • 友達紹介
  • ライブチャットでの問い合わせ

XMアプリの注意点

XMアプリの使い方について解説する前に、アプリを使う上での注意点をまとめます。

ログインできるのはMT5口座のみ

XMアプリは、XMで開設したMT5口座へログインすることで、機能を使うことができます。

対応しているのはMT5口座のみで、MT4口座の口座IDとパスワードでログインを試みると、以下のようなエラーが出てログインできません。

XMでMT5口座をまだ持っていない人は、XM会員ページへログイン後、追加口座としてMT5口座を作りましょう。

チャート分析の機能は簡易的

XMアプリにはチャート機能が備わっており、インジケータや描画ツールを用いてチャート分析が可能ですが、あくまでも簡易的なものなので本格的な分析には適していません。

インジケータは同時に5つまでしか表示できず、移動平均線の色を変えることもできません。

本格的なチャート分析をしたい人は、無料で使える高機能チャートツール「TradingView」を使うことをおすすめします。

XMアプリのダウンロード・ログイン方法

まずは、XMアプリのダウンロード方法とログイン方法について。

iPhone・iPadをお使いの方はAppStoreから、Androidデバイスをお使いの方はGoogle Playストアからアプリをダウンロードしましょう。

アプリを初めて起動するとログイン画面が現れるので、MT5の口座IDと口座パスワードを入力して【ログイン】ボタンをタップ。

MT5の口座IDとパスワードは、XMで口座開設した際に届くメールに記載されています。

XMアプリの基本操作

XMアプリは「気配値」「銘柄」「注文」「詳細」の4つのタブに分かれています。

気配値:気配値の表示

「気配値」では、予め追加した銘柄の現在レートがリストで表示されており、各銘柄をタップすると取引画面を表示できます。

銘柄:取引銘柄の追加

「銘柄」では、取引銘柄を気配値リストへ追加することができます。

  • Popular:よく取引されている人気の銘柄
  • Forex:FX通貨ペア
  • CFDs:貴金属、エネルギー、指数、コモディティ
  • Cryptocurrencies:仮想通貨

注文:ポジション・指値注文の表示

「取引」では、保有中のポジションや損益、指値・逆指値注文が表示されます。

詳細:アカウントにまつわる操作

「詳細」では、アカウントにまつわる操作・手続きが可能です。

アカウント内容の表示、入出金、注文履歴の表示、カスタマーサポートへの問い合わせなど、様々な操作をアプリひとつでできます。

XMアプリで取引する方法

XMアプリではMT4・MT5のようにスムーズな取引が可能です。

まずは「気配値」タブをタップして、気配値一覧から取引したい銘柄を選びます。

「売り」「買い」のボタンが大きく表示され、その間にスプレッド(売値と買値の差)が小さく表示されています。

成行注文:すぐに注文

最もシンプルな注文方法は「成行注文」です。

成行注文とは、現在の価格ですぐに発注する注文方法で、「ロット数」で注文数量を指定して、「売り」もしくは「買い」ボタンをタップすると新規ポジションを持てます。

損切りラインを設定する場合は「ストップロス」、利益確定ラインを設定する場合は「テイクプロフィット」に入力します。

予約注文:特定の価格で注文

指定した価格で売り・買いポジションを持つには「予約注文」を使います。

「設定価格」で注文が発動する価格を設定し、「ロット数」で注文数量を指定、「売り」もしくは「買い」ボタンをタップすると予約注文を設定します。

損切りラインを設定する場合は「ストップロス」、利益確定ラインを設定する場合は「テイクプロフィット」に入力します。

ワンタップトレード

「ワンタップトレード」は、チャート上に表示されるボタンをタップするだけで、すぐに成行注文を発注出来る機能です。

誤操作を防ぐため、初期設定ではオフになっていますが、チャート画面右上の歯車アイコンからワンタップトレードをオンにできます。

ボタンの間にあるフォームに発注するロット数を入力して、「売り」もしくは「買い」ボタンをタップすると、即座に成行注文が実行されます。

XMアプリでチャート分析する方法

XMアプリには、トレードする際に必要となるチャートが備わっていて、簡易的ではあるもののチャート分析が可能です。

時間足の変更

チャートのタイムフレームは全部で9種類あり、チャート上から簡単に切り替えることができます。

  • M1:1分足
  • M5:5分足
  • M15:15分足
  • M30:30分足
  • H1:1時間足
  • H4:4時間足
  • D1:日足
  • W1:週足
  • MN:月足

チャートタイプの変更

チャートタイプはバーチャート、ロウソク足、ラインチャートの3種類が用意されています。

縦表示の場合はチャート画面右上の歯車アイコンから、横表示の場合はチャート左から変更できます。

インジケータの追加

インジケータは横表示の時だけ使うことができ、チャート左側の「f」をタップすると追加できます。

ただし、同時に表示できるインジケータは5つまでで、線の色などは変更できないので、高度なチャート分析には向いていません。

アプリ上では全て英語で表示されていてわかりにくいので、代表的なインジケータを紹介します。

  • Moving Average:移動平均線
  • Bollinger Bands:ボリンジャーバンド
  • Ichimoku Clouds:一目均衡表
  • MACD
  • RSI:相対力指数
  • Stochastics:ストキャスティクス

水平線・トレンドライン等の追加

描画ツールもインジケータ同様に横画面の時だけ使うことができます。

チャート左側の図形アイコンをタップすると、水平線やトレンドライン、フィボナッチなどの描画ツールを選ぶことができます。

  • Horizontal:水平線
  • Vertical:垂直線
  • Trendline:トレンドライン
  • Ellipse:円
  • Retracement:フィボナッチリトレースメント
  • Fibtimezome:フィボナッチタイムゾーン
  • Fibfan:フィボナッチファン
  • Fibarc:フィボナッチアーク

XMアプリはどんな人におすすめ?

XMアプリは、取引やチャート表示のほか、資金の入出金やアカウント管理までできるので、XMにまつわる作業がアプリひとつで済みます。

ほとんどの部分が日本語表示で、初心者でも戸惑うことなく分かりやすく作られているので、これからXMを使い始める人にはおすすめです。

ただし、チャート分析の機能はかなり簡易的で、インジケータを多用する人は絶対に物足りなさを感じてしまうので、「TradingView」という無料で使えるチャートサービスを併用すると良いでしょう。

また、パソコン版MetaTraderのように、EA(自動売買)やカスタムインジケータの導入はできません。

2022年9月24日から、iOS版のMT4・MT5がAppStoreからダウンロードできない状況が続いていますが、こちらのXMアプリはダウンロードでき、問題なく利用できます。

MT4・MT5アプリが使えずお困りの方は、XMアプリの利用をおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる