MENU
本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

ExnessはNDDだけど2種類ある!Market ExecutionとInstant Executionの違い

2021 4/05
ExnessはNDDだけど2種類ある!Market ExecutionとInstant Executionの違い

Exnessの取引方式には、Market Execution(マーケット・エグゼキューション)Instant Execution(インスタント・エグゼキューション)の2種類があります。どちらも透明性の高いNDD(ノン・ディーリング・デスク)方式に違いありませんが、注文の裁き方が異なるため、それぞれの特性を理解して使い分けることが大切です。

この記事では、Market ExecutionとInstant Executionの違いや、どちらを選ぶべきかを解説します。

公式サイト:Exness:信頼のオンライン金融市場取引

目次

ExnessのNDDには2種類ある

Exnessには4つの口座タイプが用意されており、プロ口座のみがInstant Executionその他の口座はMarket Executionを採用しています。

口座タイプ取引方式
スタンダード口座Market Execution
ロースプレッド口座Market Execution
ゼロ口座Market Execution
プロ口座Instant Execution

ではMarketとInstantは何が異なるのでしょう。次の章から詳しく解説します。

Market ExecutionとInstant Executionの違い

Market Executionの特徴

Market Execution(マーケット・エグゼキューション)は、FX業者が直接銀行やリクイディティプロバイダーへ注文を流す方式を指します。ECN方式の口座で採用されているのはこのMarket Executionです。

市場へ直接注文を流し、業者側は注文に手を付けないため、約定拒否が起こらないのがメリット。

その反面、流動性の低い銘柄・時間帯や市場の急変動時には、発注から約定までタイムラグが生じて、スリッページ(値滑り)が起こる可能性があります。

Exnessでは、スタンダード口座・ロースプレッド口座・ゼロ口座の3口座で、このMarket Executionが採用されています。

Instant Executionの特徴

Instant Execution(インスタント・エグゼキューション)は、FX業者が一旦注文を決済し、即座の注文を完結させる方式です。Instant(インスタント)は「即座に」という意味合いを持ちます。

トレーダーから寄せられた注文を相殺して、残った注文のみを銀行やリクイディティプロバイダーへ注文という方式で、原則としてトレーダーの注文が直接市場へ流れることはありません。トレーダー↔業者↔金融機関という構図となります。

注文・決済が瞬時に処理されるため、スリッページ(値滑り)はほとんど起こりません。その反面、市場が乱高下しているときや流動性が低いときに、約定拒否(リクオート)が起こって注文が流れない可能性があります。

Exnessでは、プロ口座のみMarket Executionを採用しています。

MarketとInstantどっちを選ぶべき?

Market ExecutionとInstant Executionは、どちらが良い・どちらが悪いと決めつけることはできず、それぞれの特性を理解してトレードスタイルに適したものを選ぶことが大切です。

それぞれの違いを完結にまとめると次のとおり。

Market ExecutionInstant Execution
スリッページ(値滑り)起こりやすいほぼ起こらない
リクオート(約定拒否)起こらないたまに起こる
適したトレードスタイルデイトレード
スイングトレード
EA運用
スキャルピング

Market Executionは、スリッページ(値滑り)が起こりやすい一方、リクオート(約定拒否)が起こらないため、確実に約定させたい場合に最適です。1pips未満の滑りなら許容できるデイトレードやスイングトレード、確実性が求められるEA運用には、Market Executionが向いています。

Instant Executionは、注文が即座に約定するため、スリッページ(値滑り)はほとんど起こりません。シビアなタイミングが求められるスキャルピングに最適です。ただ、相場環境によってはリクオート(約定拒否)が生じる可能性があるため、EA運用には向いていません。

取引方式から考えるExnessの口座タイプ選び

この記事ではMarket ExecutionとInstant Executionの違いについて詳しく解説してきました。Exnessの口座タイプを選ぶうえで、取引方式の違いは見逃せません。

約定速度が求められるスキャルピングには、Instant Executionを採用した「プロ口座」が最適です。スタンダード口座よりもスプレッドが狭く、約定もスピーディーで、サクサクと軽快に取引できます。

EA取引のように、リクオート(約定拒否)を防ぐべき場面では、Market Executionを採用した「ロースプレッド口座」または「ゼロ口座」が最適でしょう。いずれも、スプレッドはプロ口座と同等の狭さでありながら、リクオートが起こりません。

  • スキャルピング:プロ口座
  • EA運用:ロースプレッド口座・ゼロ口座
  • デイ/スイングトレード:スタンダード口座

Exnessの口座タイプごとの特徴やそれぞれの違いについては、別記事「Exnessの口座タイプの選び方」をお読みください。

また、Exnessの評判や詳しいスペックについては、別記事「Exnessの評判・レビュー」にてまとめています。

Exnessの記事一覧

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる