本当に使いやすいおすすめ海外FX業者10社

Exnessの法人口座|開設条件や必要書類、メリット・デメリット

海外FX業者のExness(エクスネス)では、いくつかの条件をクリアすることで、法人名義の取引口座を作ることができます。

個人が海外FXで稼ぐと、最大で55%もの税率が課せられて稼ぎの半分以上を税金として収めなくはなりませんが、法人口座を持つことで最大でも約37%に税率を抑えることが可能です。

継続的に大きく稼いでいるトレーダーは、法人化をすることで税金を大きく節約できるでしょう。

この記事では、Exnessの法人口座について解説します。法人口座を作る上で必要な書類、法人口座のメリットとデメリットなど、詳しくまとめました。

この記事がおすすめな人
  • Exnessの法人口座の作り方を知りたい人
  • Exnessで法人口座を作る際の必要書類を知りたい人
  • 法人口座のメリット・デメリットを知りたい人

公式サイト:Exness:信頼のオンライン金融市場取引

目次

法人口座と個人口座に違いはある?

Exnessの法人口座と個人口座には、スペック面での違いはありません。

法人口座だからといって、特別な制限が課せられることはなく、個人口座と全く同じ環境でトレードできます。

スクロールできます
Exness
法人口座
Exness
個人口座
口座タイプスタンダード口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座
プロ口座
スタンダード口座
ロースプレッド口座
ゼロ口座
プロ口座
最大レバレッジ最大2,000倍〜無制限最大2,000倍〜無制限
追証
ゼロカット
ボーナスなしなし
最小ロット0.01lot0.01lot
最大ロット200.00lot200.00lot
取引ツールMT4, MT5MT4, MT5
入出金方法国内銀行送金
クレジットカード
デビットカード
Eウォレット
暗号通貨
国内銀行送金
クレジットカード
デビットカード
Eウォレット
暗号通貨
日本語サポート

Exnessで法人口座を作る条件は厳しい!

Exnessでは法人名義の取引口座を作ることができますが、開設するための条件がかなり厳しくなっています。

いきなり法人口座を作ることはできず、まずは個人口座である程度の実績を積んで、「Exnessプレミアプログラム」へ加入する必要があります。

または、報酬率40%のExnessパートナーも、法人口座を持つことができます。

Exnessで法人口座を持てる条件
  • Exnessプレミアプログラムで2期(四半期)連続「プリファード」を維持
  • Exnessプレミアプログラムで「エリート」に達する
  • Exnessプレミアプログラムで「シグネチャー」に達する
  • Exnessパートナーで報酬率40%の「ブリリアントパートナー」に達する

上記のいずれか

Exnessプレミアプログラムへの加入が必須

Exnessでは、入金額と取引量が多いトレーダー限定で「Exnessプレミアプログラム」へ加入することができます。

プレミアプログラムは、「プリファード」「エリート」「シグネチャー」の3段階のランクが用意されており、最下位のプリファードランクですら累計$20,000(約260万円)の入金と直近四半期で$50,000,000の取引が必要です。

ランク累計入金額四半期の取引量
プリファード$20,000$50,000,000
エリート$50,000$100,000,000
シグネチャー$100,000$200,000,000

法人口座を契約するためには、このExnessプレミアプログラムに加入することが必須条件で、2期(四半期)連続プリファードランクを維持するか、1期以上エリートまたはシグネチャーに達する必要があります。

報酬率40%のExnessパートナーも法人口座を持てる

Exnessプレミアプログラムへの加入が難しい場合は、Exnessのパートナープログラムで報酬率40%以上に達することでも、法人口座の契約が可能になります。

Exnessのパートナープログラムとは、Exnessのサービスを第三者へ紹介して、紹介したトレーダーが取引を行うと自身へ報酬が支払われるアフィリエイトです。

たくさんのトレーダーをExnessへ誘致して、そのトレーダーたちがたくさん取引してくれれば、月に数十万円・数百万円の報酬を得ることもできます。

Exnessパートナープログラムでは、トレーダーの紹介人数や獲得した報酬が増えるとランクが上がっていき、最上位の「ブリリアントパートナー」に達すると、スタンダード口座での取引で生じたスプレッドの40%がパートナーへ支払われます。

そして、ブリリアントパートナーに達成したパートナー限定で、法人名義の取引口座を使うことが可能です。

Exness法人口座の必要書類

上記で紹介した条件をクリアしたとしても、Exnessの法人口座を作る際には書類が20種類くらい必要になります。

しかも、書類を全て英文に翻訳したうえで、外務省が発行するアポスティーユも一緒に送る必要があります。

また、必要書類に関しては情報が公開されておらず、法人口座を開設できるようになった段階で初めて明かされるようです。

参考までに、他社の法人口座ではどのような書類が必要になるかをまとめます。

  • 法人の登記簿謄本 (履歴事項全部証明書)
  • 法人の現住所確認書類:公共料金の明細書・請求書、銀行利用明細書、印鑑登録証明書、住民票など
  • 法人代表者の身分証明書:運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど
  • 法人代表者の現住所確認書類:公共料金の明細書・請求書、銀行利用明細書、印鑑登録証明書、住民票など
  • 株主名簿
  • 定款

書類を用意する段階で数十万円の費用がかかるそうですが、Exness側から支援を受けられることもあるので、まずはExenssのサポートデスクへ連絡してみてはいかがでしょう。

Exness法人口座の開設方法

STEP
Exnessプレミアプログラム加入を目指して入金&取引

個人名義の取引口座を用意できたら、法人口座開設の条件である「Exnessプレミアプログラム」へ加入するために、最低$20,000(約260万円)以上の入金と、$50,000,000以上の取引を行います。

STEP
Exnessプレミアプログラムへ加入できたら法人口座の申請

Exnessプレミアプログラムへ加入できたら、Exnessのサポートデスクへ法人口座を使いたい旨の連絡を行いましょう。

必要書類や開設までの流れについて案内されます。

STEP
必要書類を英文に翻訳・アポスティーユを添付して提出

サポートデスクから案内されたとおりに、必要書類を揃えて全て英文に翻訳、その後アポスティーユの発行を外務省へ申請します。

もし自分で申請するのが大変なら、翻訳・申請代行サービスなどを使うと良いでしょう。

Exnessで法人口座を作る3つのメリット

個人よりも最大の税率を抑えられる

まずは、個人の税率と法人の税率を比べてみましょう。

個人の場合、所得税として所得に対する5%〜45%がかかり、それに加え住民税10%や事業税も収めなくてはなりません。すべての税金を合わせると15%〜55%になります。

一方、法人(資本金1億円以下)の法人税は、年800万円までの所得に対しては15%の軽減税率が適用され、年800万円以上の所得に対しては23.4%の税率が適用されます。

加え、法人税に対する4.4%が地方法人税法人税に対する12.9%が住民税所得金額に対する9.6%が事業税となり、すべてを合わせると税率は最大で約37%になります。

所得が少ないうちは個人の所得税のほうが安くなりますが、所得が年1,000万円くらいを超えてくると、法人税のほうが安くなるので、年1,000万円をおおよその目安にすると良いでしょう。

年間所得個人の税金法人の税金
100万円0円約29万円
500万円約75万円約121万円
1,000万円約233万円約271万円
2,000万円約674万円約647万円
3,000万円約1,207万円約1,024万円
5,000万円約2,271万円約1,776万円
1億円約5,069万円約3,658万円

経費形状の範囲が広がる

個人でFXの所得を申告する際は、FX取引を行うために必要と認められる範囲でしか経費を計上できません。経費の幅が狭いと利益を圧縮しづらくなるため、節税には限界があります。

しかし、法人であれば、法人から個人へ支払った「役員報酬」を全額経費にできますし、代表者の家族へ支払った給料等も全額経費になります。

また、家賃や光熱費、通信費、交通費、自動車の購入費など、会社の運営に必要となる経費ならすべて計上できるため、個人よりも節税の幅が広がり、結果として節税につながります。

国内の法人口座よりもレバレッジが高い

国内のFX業者では、個人口座のレバレッジは最大でも25倍までしかかけられませんが、法人口座だと80倍までかけられます。(2022年7月現在のUSDJPY)

しかし、海外FXのExnessなら最大2,000倍もしくは無制限(厳密には21億倍)のレバレッジをかけられるので、国内の法人口座を使うよりも資金効率の高いトレードが可能です。

レバレッジを高めれば高めるほど、少ない証拠金でもより大きな利益を得られるようになりますが、損するときのスピードも速くなるので、無理のない範囲でレバレッジをかけましょう。

Exnessで法人口座を作る3つのデメリット

Exnessの法人口座はハードルが高い

既にご紹介したとおり、Exnessで法人口座を作るためには個人口座でかなりの実績を積む必要があり、仮に条件をクリアしたとしても必要書類を揃えるのにかなりの時間と労力を要するでしょう。

また、法人口座の開設そのものにも半年間ほど時間がかかるそうなので、海外FX業者の法人口座としては類を見ないほどにハードルが高いといえます。

すぐに法人口座が欲しい人は、数日あればすぐに作れるAXIORYGEMFOREXなどで法人口座を開設して、並行してExnessで法人口座を作るための準備を進めていくことをおすすめします。

法人設立と維持に手間と費用がかかる

資本金は1円からでも会社を作ることができますが、設立時に登録免許税を払ったり実印を作る必要があるため、数万円の費用がかかってしまいます。

費用が安い合同会社でも最安で6万円株式会社だと20万円以上かかってしまうため、デメリットの一つに挙げられるのではないでしょうか。

株式会社合同会社
会社の実印数千円〜数万円数千円〜数万円
定款の収入印紙代電子定款:0円
紙の定款:4万円
電子定款:0円
紙の定款:4万円
定款認証手数料5万円0円
定款の謄本代2,000円ほど0円
登録免許税15万円 or 資本金の0.7%
どちらか高いほう
6万円 or 資本金の0.7%
どちらか高いほう
合計約20万円〜約6万円〜

法人を維持するためにも、年間で数万円の費用がかかります。

必ず発生するのが法人住民税(均等割)で年間7万円、資本金が1,000万円以上の場合は18万円かかります。これは所得がマイナスでも必ず発生します。

また、自分で決算や確定申告を行う場合は不要ですが、それらを税理士や会計事務所へ任せるなら数万円の報酬を支払う必要があります。

含み益に対しても税金がかかる

個人の場合は、含み益のポジションを利益確定した際に、初めて「収入」としてみなされます。含み益に対して課税されることはありません。

しかし法人の場合は、ポジションを確定していなくても、含み益が出ていれば利益として計上しなくてはなりません。決算のタイミングで、既に確定している損益のみならず、含み損益も計上しなくてはならないので注意しましょう。

開設条件を満たせる人はExness法人口座を検討しよう

この記事では、Exnessが提供する法人口座について詳しく解説しました。

法人口座には良い面と悪い面の両方がありますが、年間1,000万円以上稼ぐトレーダーなら、法人化して法人口座を使ったほうが税金を安く抑えられるでしょう。

逆にいえば、年間の利益が1,000万円に満たないトレーダーは、法人化してもメリットは薄く、むしろ法人の方が税金が高くなることがあるので注意が必要です。

ただし、Exnessの法人口座を作る前に、まずは個人口座で実績を作ってプレミアプログラムへ加入しなくてはならないので、まずは開設条件を満たしているかを確認しましょう。

また、Exnessの法人口座が使えるようになるには、申請から半年間ほどの時間を要するので、すぐに海外FXの法人口座が欲しい人にはおすすめできません。

Exnessの他にも法人口座を取り扱っている海外FX業者はたくさんありますし、申請から数日で使えるようになる業者もたくさんあります。

法人運用に適した海外FXについては、別記事「海外FXで法人口座を作るメリットとは?法人OKのおすすめ業者7選」にまとめていますので、ぜひ併せてお読み下さい。

Exnessの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

目次
閉じる