本当に使いやすいオススメ海外FX業者10社

Exnessでビットコインなど仮想通貨を取引する方法とメリット

海外FX業者のExness(エクスネス)では、通貨ペアのほかにも様々なCFDを取り扱っていて、ビットコインなどの仮想通貨も取引することができます。

この記事では、Exnessで仮想通貨を取引する方法やそのメリットについて詳しく解説します。

この記事がおすすめな人
  • Exnessでビットコインなどの仮想通貨を取引したい人
  • Exnessで仮想通貨を取引するメリットを知りたい人

公式サイト:Exness:信頼のオンライン金融市場取引

目次

Exnessの仮想通貨CFDについて

Exnessが取り扱う仮想通貨CFDの基本情報は次のとおり。

1lotの価値1通貨 (例:BTCUSDの場合は1BTC, ETHUSDの場合は1ETH)
最大レバレッジ最大100倍 または 最大20倍
最小ロット0.01 lot
最大ロット200 lot
スプレッド
(BTCUSD)
スタンダード口座:1,000
ロースプレッド口座:450
ゼロ口座:650
プロ口座:450
口座タイプスタンダード口座, ロースプレッド口座, ゼロ口座, プロ口座

Exnessで取引できる仮想通貨ペア

Exnessで取引できる仮想通貨ペアは徐々に増えており、2021年4月7日現在は次のとおり。

ビットコインは7つの法定通貨建てペア、アルトコインは米ドル建てペア。また、ビットコインは金(XAU)建てと銀(XAG)建てペアも用意されて、貴金属とのペアトレードも可能です。

ビットコインBTCUSD (ビットコイン/米ドル)
BTCJPY (ビットコイン/日本円)
BTCCNH (ビットコイン/中国元)
BTCAUD (ビットコイン/豪ドル)
BTCKRW (ビットコイン/韓国ウォン)
BTCZAR (ビットコイン/南アランド)
BTCTHB (ビットコイン/タイバーツ)
BTCXAU (ビットコイン/金)
BTCXAG (ビットコイン/銀)
アルトコインETHUSD (イーサリアム/米ドル)
XRPUSD (リップル/米ドル)
LTCUSD(ライトコイン/米ドル)
BCHUSD(ビットコインキャッシュ/米ドル)

Exnessで仮想通貨を取引するメリット

最近になって仮想通貨を取り扱う海外FX業者が増えてきましたが、業者によって取引条件が大きく異なるため、取引前に確認しておかないと思わぬ不利益を被ることがあります。

Exnessはトレーダーにとって優位な環境を提供しており、様々なメリットがあります。

最大レバレッジ100倍

Exnessの仮想通貨ペアのレバレッジは、ビットコインペアは最大100倍、アルトコインは最大20倍。最小の証拠金で大きな利益を狙えます。

最大500倍で取引できるFXGTCryptoGTには敵いませんが、日本国内の取引所は最大4倍までしかレバレッジをかけられないため、それに比べると断然ハイレバといえるでしょう。

業者最大レバレッジ必要証拠金
Exness最大100倍1%
FXGT最大500倍0.2%
CryptoGT最大500倍0.2%
bybit最大100倍1%
iFOREX最大10倍10%
BigBoss最大5倍20%

ロスカットレベル0%

ロスカットレベルが0%なのもExnessの大きな特徴です。

例えば、仮想通貨を多く取り扱うFX業者FXGTでは、ロスカットレベルが50%に設定されています。これは、証拠金維持率が50%を下回ったときに、強制ロスカットが発動するという意味。

しかしながら、Exnessではロスカットレベルが0%に設定されています。言い換えると、強制ロスカットそのものが存在せず、口座の証拠金が0円になるその時まで含み損ポジションを握り続けることができるということです。

ロスカットレベル0%の業者といえばiFOREXが挙げられますが、仮想通貨のレバレッジは最大10倍とかなり低めなので、Exnessのほうがよりギャンブル性の高いハイレバトレードができます。

買い・売りともにスワップポイントがかからない

Exnessでは、次の銘柄に限り、買い・売りともにスワップポイントがかかりません。仮想通貨ペアに関しても、2020年11月末よりスワップがゼロとなりました。

Exnessのスワップフリー銘柄
  • 全ての仮想通貨
  • ゴールド (その他の貴金属は対象外)
  • 全ての個別株
  • 全ての株式指数

日をまたいでポジションを持ち越す際に、スワップポイントが発生しないので、長期保有の際に含み益の目減りが起こりません。仮想通貨を数週間・数ヶ月スパンで長期トレードしたいなら、Exnessはおすすめです。

日本円を入金してトレードできる

CryptoGTbybitなどの海外の仮想通貨取引所は、法定通貨を取り扱っていないため、入金から取引まですべて仮想通貨で行います。手持ちの日本円でトレードする場合、まず国内の取引所で日本円を仮想通貨へ交換して、それを海外の取引所へ送るといったステップが必要で、着金まで少々時間を要します。

しかし、ExnessはもともとFX業者なので、日本円はじめとする法定通貨の入金に対応しています。日本円建ての取引口座も用意されているため、入出金から取引まで一貫して日本円で完結できるのがメリットです。

なお、Exnessの入出金方法については別記事「Exnessの入金・出金方法」にてまとめているので、詳細はそちらをお読みください。

仮想通貨ペアのスプレッド

2021年4月7日現在、主要ペアのスプレッドは次のとおり。

スクロールできます
銘柄スタンダード口座ロースプレッド口座ゼロ口座プロ口座
BTCUSD90.0054.00 + $3.5の手数料61.00 + $3.5の手数料72.0
BTCJPY85004200 + $3.5の手数料5000 + $5の手数料6400
ETHUSD7.204.20 + $0.5の手数料6.00 + $0.4の手数料6.50
XRPUSD0.0040.003
LTCUSD3.101.30 + $0.25の手数料2.30 + $0.2の手数料2.90
BCHUSD1.600.75 + $0.5の手数料1.10 + $0.55の手数料1.35

仮想通貨ペアのスプレッドは随時変動するため、最新情報は、Exness公式の銘柄一覧・スプレッド一覧ページをご覧ください。

Exnessで仮想通貨を取引する方法

Exnessで仮想通貨を取引する方法は簡単。

まずはExnessのリアル口座を開設して、MT4またはMT5へログインしましょう。まだ口座をお持ちでない方は、別記事「Exnessの口座開設方法」の手順に従って環境を整えましょう。

MT4/MT5へログインしたら、銘柄(シンボル)の追加画面を開き、「Crypto」または「CryptoCross」カテゴリを開きます。そして取引したい仮想通貨ペアを追加しましょう。

Exnessの記事一覧

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

Kazuaki Obata Kazuaki Obata WOZ LLC 代表

少年時代からFXを始め、今では株式投資から仮想通貨まで幅広くトレードしています。Web制作やアフィリエイトを本業としつつ、金融資産を増やすためトレードにも奮闘中!

トレード歴は7年以上。今まで使ってきた海外FX業者は延べ20社以上。
このサイトCFX Tradingでは、海外FXを知り尽くした私が、客観的な視点とネット上のリアルな口コミをもとに、業者の良し悪しをレビューします。
「どの業者を選ぶべき?」という迷いに終止符を打つべく、公平かつ正確な情報をお届けできるよう努めます。

コメント

コメントする

超ハイレバ✕ロスカット水準0%の最強ブローカーで取引しよう Exnessで無料口座開設する
目次
閉じる